• イベント情報
    石川翔一氏 特別講演会-「アトリエに行かないという選択肢」
    1月 10, 2018
  • イベント情報
    埼玉県の【建設業で働こうセミナー】
    1月 10, 2018
  • 卒業設計展情報
    トウキョウ建築コレクション2018
    1月 17, 2018
  • イベント情報
    益子義弘「安らぎの居場所を解くー私の仕方」
    12月 19, 2017
  • BOOKS
    住宅建築 2018年2月号
    12月 19, 2017
  • コンペ情報
    『日本一の良い家を決めるコンテスト』公開審査
    1月 15, 2018

自然と芸術・建物との橋渡しをする

ランドスケープ・アーキテクトは、一般には公園や広場、街路、またリゾートやテーマパーク、公共施設や商業施設、ビルまわりのスペースなど、建物以外の様々な外部の空間をデザインし監修する人を指す。生物の多様性を具体化する植生の保全や、自然環境の復元などの調査や計画、設計なども行なう。 ある施設が建てられる時、建物の周囲に広場や緑地をつくり、壁面緑化や屋上緑化を行なうことがある。ランドスケープ・アーキテクトは建築家と協働しながら、まず敷地の持つ自然の資質を見極めた上で、建物の位置が適切かどうかを確かめる。その上で、建物へのアプローチのとり方と共に植物や水や土などの配置、舗装の仕方や材料はどのようにするかを検討する。特に植物は生き物であるだけに、根付かせて自立させるためには生態や植物の生理についての深い知識と経験が求められる。そして、無数にある品種の中から、建物のコンセプトや地域性に合わせた植物を、科学・芸術・コスト面に見合うように組み合わせて選定。建築家や施工者とは綿密に意見交換する必要があり、その際には植栽の種類や大きさ、配色などのイラストやデータを描き込んだ平面図や断面図を活用する。

イラスト:高橋哲史

ランドスケープは建築物とセットでとらえられることが多いが、もともと「風景」を意味する言葉。ランドスケープ・アーキテクトは、たとえ敷地の建物まわりだけを計画する時でも、一帯の風景や自然環境を含めた広い視野からその空間をとらえて考えている。また、時間の経過を考えるのもランドスケープの計画の特徴。植物の生長に合わせて、時間と共に豊かになるように計画する。

求められる資質は、植物をはじめ自然環境への愛情に溢れていること。普段から専門情報に通じておくほか、各地の生態系を実際に調査する際には、山野の奥深くに分け入ることもあるので、体力も必要だ。資格は、RLA(登録ランドスケープアーキテクト)のほか、建設や環境部門の技術士、国家資格である造園施工管理技士(1級・2級)など、造園コンサルタントを業とする人のための資格もある。建設コンサルティング業務の管理技術者・照査技術者になるためのRCCM(シビルコンサルティングマネージャ)は公共事業の仕事をする際に有利になる。

主な活躍の場としては、専業のランドスケープ設計事務所をはじめ、ランドスケープの部署を持つ大手ゼネコンや大手設計事務所、建築設計事務所など。官公庁の都市整備課や公園緑地課も含まれる。

  • 採用までのスケジュール

官公庁は公務員試験により、民間企業は一般的な採用スケジュールによる。

建築系学生のためのフリーペーパー「LUCHTA」16号より
取材・文:加藤純/イラスト:高橋哲史

 

Back Number

  • ランドスケープ・アーキテクト
  • 歴史的建造物の保存修理設計技術者
  • 建築音響設計者
  • 建築設備設計者
  • コストマネジャー(積算・見積り)
  • キッチンデザイナー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
luchtaリポート
「建築家の仕事」 1.いい生活を知らなければ、いい建築はつくれない。 私の建築は、家族からアイディアをもらうことが多いです。確かに雑誌を読ん...
研究室紹介
杉浦久子研究室 [設計・意匠系] 場・人・出来事を巻き込み居場所をつくる ―サイト・リノベーション 10年ほど前から、研究室の学生たちととも...
BOOKS
[住宅建築 No.466]2017年12月号 概要 時間の経過とともに風合いを増す建物に魅了され、そこに住み続けることを選ぶ人たちがいる。そ...
研究室紹介
小林茂雄研究室 [環境系] 光で人の気配を感じる街をつくる 夜の街を光によって豊かなものに変えていく。街の魅力が何かを探り出し、そこにわずか...
イベント情報
埼玉県の【建設業で働こうセミナー】学校で土木・建築を学んでいる学生さんはもちろんのこと、 建設業に関する知識が少ない方にもおすすめです。...
BOOKS
【おすすめ本】[CONFORT No.156] 2017年6月号発売 特集 学ぶ場、育つ場 The place for Learning ...
建築関連職種ガイド
頑丈な建物に仕上げる建築工事現場の指揮者 現場監督は、工事現場で全体の進行を管理し、建物を確実に完成させる重要な役割を担っている。建物は、設...
建築関連職種ガイド
数量やコストを的確に算出し、プロジェクトの推進を強力にサポート 建物をつくるにはたくさんの部材や労力、そしてお金がかかる。建物の規模や仕様に...