1. HOME
  2. ブログ
  3. 住宅建築 2017年8月号

住宅建築 2017年8月号

[住宅建築 No.464]2017年8月号

概要

美しくて情緒的で、夢があり、まるで背後に何か物語がありそうな、人の思いを感ぜずにはいられない建築が確かにある。つくること自体が容易ではない建築は、目の前の自明な現実と、あるいは慎重な論理こそが力を持ちやすいが、やはりそれだけではない。
建築、また住まいのなかにも、ロマンチックな風景、思想、そして物語がある。

目次

【特集】住まいのなかのロマンチック

「物語」に「ロマンチシズム」の風を  中川武

 

都心の森のなかにたたずむ神殿
森 FOREST 設計=椎名英三建築設計事務所

 

宇宙・自然・聖性・建築・ロマン 文=椎名英三

 

構造体のなかで、情緒豊かに暮らす
立山の家 設計=MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO/原田真宏+原田麻魚

 

雪景色に佇む光の金閣
芹ヶ沢の別荘 設計=内海智行/ミリグラムスタジオ

 

時代家具と共に住まう
「城下町」N邸 設計=環境計画建築研究所/矢田和弘

 

光と自然を取り組むくつろぎの場
鞘ヶ谷の家 設計=柳瀬真澄建築設計工房

 

レーモンド設計の住宅を改修した癒しの空間
熱海のゲストハウス 設計=吉本剛建築研究室

 
 
ロマンチックな写真群
ジャイプルのシティフレーム 写真・文=藤塚光政
ストックホルム市立図書館 設計=グンナール・アスプルンド  写真・文=宮本和義
森の葬祭場 設計=グンナール・アスプルンド、シーグルド・レヴェレンツ  写真・文=宮本和義
生闘学舎 設計=高須賀晋  写真・文=畑亮

 

 

【特別記事】民家は受け継がれる

力強い梁組みと空間の魅力を活かす移築再生
すぎの木の家 設計=里山建築研究所

 

座談 古民家の文化に寄り添う暮らし  藤川昌樹・藤川澪子・安藤邦廣・居島真紀

 

実測図面が語るもの その6

坂倉準三のデビュー作「飯箸邸」2
モダニズムの骨  金澤良春

 

【シリーズ】建築室からフィールドヘ 第29回 ☆学生におすすめ☆
松川昌平研究室
(慶応義塾大学SFC環境情報学部)
植物を育てるように建築を育てる
アルキテクトーム 「SBCセンター」

 

【連載】アトリエCOSMOSの木造建築 第11回
空間を分ける―「由比ヶ浜の家」と「辻堂海岸の家」から読み解く―  白鳥健二

 

【講演会レポート】
竹原義二・椎名英三「混構造の先達に学ぶ 石井修と宮脇檀」

 

【書評】
今和次郎・著『日本の民家』(岩波書店、1989年)
青木淳+後藤治+田中禎彦+西沢大良・著『日本の建築空間』(新建築社、2005年)
村松貞次郎・著『日本近代建築技術史』(彰国社、1976年)
文=福島加津也

 

【イベント・ニュース】
【プロフィール】
【次号予約】

 

 ⇒ 詳細はコチラ

 

本体2,333円+税 購入はこちらから

 

関連記事