飛騨の家具®アワード 家具デザインコンテスト

概要

歴史と伝統の古都である飛騨・高山の「飛騨の家具®フェスティバル」は、昨年に続き、木製品のデザインコンテストを開催します。
伝統を生かしながら、未来への「伝統を育む」ために。
国産材を用いて飛騨の技術によって作る新しいデザインを公募し、製品化することを目指します。
 
詳しくはこちら

テーマ

木製品のデザイン

募集内容

木を使った椅子、家具、照明、雑貨、建材等の製品デザイン提案
 
※全てもしくは一部を国産材で作る想定とする
※木以外の異素材の利用も可とする
※木材加工や製品作りの主たる工程は飛騨で行う想定とする

■最優秀賞(1点)
製品化検討、副賞 賞金30万円

■優秀賞(3点)
製品化検討、副賞 賞金3万円

■奨励賞(若干名)※学生と30歳未満を対象
副賞 飛騨の代表的な製品1点

応募資格

日本語または英語でのコミュニケーションが可能な方
 
※複数応募可能

応募費用

一般:3000円
学生:1000円

提出物

●プレゼンテーションシート(A3横、片面1枚)
 
【必須】
・完成予想図(写真、CG、イラスト等)
・作品タイトル
・説明文(200文字以内)
 
【任意】
・想定メーカー、想定市場、想定上代、想定樹種、加工方法、三面図、詳細図、使用イメージ 等

募集期間

2018年6月1日(金)~7月20日(金)

応募方法

6月1日(金)より、応募受付開始致します。
 
詳しくはこちら

審査員

飛騨木工連合会 会員企業の代表者

・株式会社イバタインテリア
・オークヴィレッジ株式会社
・株式会社柿下木材工業所
・柏木工株式会社
・有限会社雉子舎
・株式会社キタ二ジャパン
・株式会社木馬舎
・株式会社シラカワ
・日進木工株式会社
・飛騨産業株式会社
・有限会社仏壇工芸ほりお
・株式会社プラス・ワン
・木童工房株式会社

外部アドバイザー

川上 元美(デザイナー)
鶴田 浩(リアル・スタイル株式会社 代表取締役)
林 千晶(ロフトワーク代表取締役、飛騨の森でクマは踊る 代表取締役社長)
山崎 泰(JDN・登竜門 ブランドディレクター)

※五十音順

審査規準

1)木材の魅力・特徴が活かされているか

2)飛騨デザイン憲章に沿っているか

3)飛騨で作ることを想定しているか

4)将来の製品として可能性があるか

審査方法

■一次審査
参加する飛騨木工連合会会員企業の代表者それぞれにより、製品化を検討したい作品を選抜

■最終審査
各会員企業代表者と外部アドバイザーにより、一次で選抜された製品化検討の候補について討議し、授賞候補を決定

結果発表

2018年9月(予定)
 
※授賞内定連絡は8月上旬(予定)

主催

協同組合 飛騨木工連合会

お問い合わせ
工場見学ツアー

■日時
平成30年6月15日(金)
集合 10:30
解散 18:00
 
■集合場所
高山駅前東口(乗鞍口)飛騨高山ワシントンホテルプラザ
 
■募集人数
25名(先着順、定員になり次第締め切り)
 
■参加料
無料
 
■お申し込み
申込書に必要事項を明記して、飛騨木工連合会事務局までFAX(0577-35-2251)にてお申し込みください。
※グループで申し込まれる場合は、申込書をコピーいただき個々でお申し込みください。
申込書はこちら
 
■お問い合わせ
飛騨木工連合会 事務局
TEL:0577-32-2100 /FAX:0577-35-2251
E-mail:info@hidanokagu.jp

【Present】読者プレゼント

アンケートに答えて応募してね

下記ボタンよりアンケートにお答えいただいた方の中から、抽選でプレゼントします。

各プレゼント応募の締め切りはそれぞれ記載してあります。
抽選の結果は発送をもって代えさせていただきますのでご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事