第34回 釜山国際建築大展2018(国際アイデアコンペティション)

概要

釜山国際建築大展は、韓国建築家協会釜山建築家会と釜山広域市の主催で毎年開催されており、今回で34回目となる歴史のあるコンペです。受賞作品は、毎年数万人が参加する釜山建築文化祭で展示され、受賞は非常に名誉となる著名なコンペの1つです。韓国全国の大学生と建築家に加え、昨年からは中国からも参加し多くの応募があります。募集要項を御覧の上たくさんの方の応募をお待ちしています。
 
詳しくはこちら

テーマ

Architecture 4.0 – Fusion & Convergence (融合と収束)
 
 第4次産業革命 ̶ 例えば人工知能ロボット、IOT、ビッグデータ、生命工学、3D プリンター、エネルギーゼロ技術、自動運転、仮想現実のような技術は、ICT(情報通信技術)によって統合されています。
 第2次、第3次の産業革命は、一次元で予想できる生産の技術革新であったのに対し、第4次産業革命は、多次元的で予測ができないほど驚くような社会の変革を引き起こすでしょう。
 釜山国際建築大展2018 国際アイデアコンペティションは、この先の建築の概念や本質について、どのように考えるべきかを問いかけるものです。
 本コンペティションにおいて私たちは、形や場といった実体的なものだけでなく、場所性や歴史観、都市の価値、社会的用途など様々な抽象的なものを含め、建築の概念を再考することになるでしょう。
 そのうえで、第4次産業革命時代がもたらすつながりや収束が、建築や都市の多様かつ新たな要素として使われ、時代が求める姿を描くことを期待します。

応募資格

国内外問わず自身の思想を図面、その他で表現できる斬新なアイデアを持つ者
(建築系学校の学生、建築設計業務に携わる建築士、日本建築家協会正会員・準会員)

※一人一作品。グループでの応募、協働設計は認められません。

審査委員

Lee Eun seok (KOREA)
Fumiaki Hatakeyama 畠山 文聡 (JAPAN)
Song Jing (CHINA)

各賞

■一等賞:1作品(釜山広域市市長賞)
賞金$2000と海外建築ツアー招待

■二等賞:2作品(KIA釜山建築家会会長賞、JIA近畿支部長賞、天津市建築学会賞)
賞金$500と海外建築ツアー招待

■三等賞:9作品
海外建築ツアー招待

■奨励賞:12点
賞状授与

■推薦
賞状授与
 
【特典】
・入賞者(三等賞以上)は「海外建築ツアー」の機会を与える。ただし、海外建築ツアー先が日本となった場合、日本からの参加者には「韓国建築ツアー」の機会を与える。
・3次審査のため参加される者には関空と金海空港間往復航空費(1回のみ)の50%補助及び1泊2日滞在の宿食代支援。
・「2018釜山国際建築大展」作品集贈呈

登録料

1次:無料(JIA近畿が負担)
2次:5,000円(参加者負担)

スケジュール

■応募登録受付
2018年6月15日(金)必着

■1次作品受付
2018年6月29日(金)必着
※持参の場合15:00迄(締切厳守)

■1次審査発表
2018年7月17日(火)

■2次登録受付
2018年8月10日(金)必着
※1次審査をパスした作品に限る

■2次作品受付
2018年8月17日(金)必着

■2次審査結果発表
2018年9月7日(金)

■3次公開発表及び審査
2018年9月18日(火)

応募登録受付方法

■EMAIL受付
公益社団法人 日本建築家協会近畿支部事務局 (JIA近畿)
jia@bc.wakwak.com

■記載内容
参加希望、氏名、TEL、e-mail、所属及び JIA 会員番号(JIA正会員の場合)

■登録費
無料(3,000円はJIAが負担します)

■応募登録締切
2018年6月15日(金)必着

※参加メール確認後事務局より「登録番号」を発行します。

共催

(社)韓国建築家協会釜山建築家会、(公社)日本建築家協会近畿支部、天津市建築学会

郵送先及び問い合わせ先

公益社団法人 日本建築家協会近畿支部事務局

〒541-0051 大阪市中央区備後町2-5-8 綿業会館4階
TEL:06-6229-3371 /FAX:06-6229-3374
mail: jia@bc.wakwak.com

【Present】読者プレゼント

アンケートに答えて応募してね

下記ボタンよりアンケートにお答えいただいた方の中から、抽選でプレゼントします。

各プレゼント応募の締め切りはそれぞれ記載してあります。
抽選の結果は発送をもって代えさせていただきますのでご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事