第4回 学生住宅デザインコンテスト

概要

毎日新聞社は、建築業界を目指す学生の皆さんを対象に、建築界の未来を担う人材の育成・支援を目的として住宅設計のデザインコンテストを開催します。
住宅の基本となる木造の技術に、学生ならではの豊かな創造力を組み合わせ、新しい住まいの形を提案してください。
皆さんの積極的なご応募と新星の誕生に期待します。
 
詳しくはこちら

テーマ

「100年木造住宅」
 
100年を超えている名建築の殆どは木造である。
100年保つ構造と世代を超えた愛着を併せ持ち、将来の風土を担うまで成長する新しい木造住宅のアイデアを募集します。

■グランプリ(1点)
賞状、賞金30万円

■準グランプリ(1点)
賞状、賞金15万円

■HINOKIYA賞(1点)
賞状、賞金10万円

■優秀賞(3点)
賞状、賞金5万円

■審査員特別賞(3点)
賞状、賞金3万円

■入選(最大5点)
賞状

審査員

■審査員長
手塚貴晴 (建築家/(株)手塚建築研究所 代表/東京都市大学 教授)

■審査員
粕谷淳司 (建築家/カスヤアーキテクツオフィス 代表/関東学院大学 准教授)
黒石いずみ (青山学院大学 教授/デルフト工科大学 NWO客員教授)
毎日新聞社 1名
ヒノキヤグループ 1名

応募資格

日本国内の専門学校・短期大学、大学・大学院に在籍する学生であること。
個人・グループを問いません。複数点の応募も可能です。
※高等専門学校(4・5年生)も含む。

応募締切

2018年9月3日(月) 必着

設計条件

テーマに沿った、延床20坪(約66㎡)以上の住宅を設計してください。
 
※規定以外の条件に関しては応募者が自由に設定してください。

構造

木造

提出物

● エントリーシート 1枚

● 作品(A3サイズ・片面横使い) 2~3枚
 
詳しくはこちら

提出先

〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
毎日新聞社 「第4回 学生住宅デザインコンテスト事務局」

TEL:03-6265-6815(平日10:00-17:00)

審査基準

「テーマ」「独自性」「実現可能性」「環境配慮」を考慮し、総合的に判断します。
ただしHINOKIYA賞は、ヒノキヤグループの審査員が選出し、商品化を検討する場合もあります。

審査方法

審査員による提出物の審査

結果発表

2018年10月中旬
毎日新聞全国版及び公式サイトにて発表します。

表彰式

2018年11月11日(日)
毎日新聞東京本社ビル(東京都千代田区一ツ橋1-1-1)
にて表彰式及び受賞パーティーを開催予定です。

主催

毎日新聞社

共催

ヒノキヤグループ

後援

国土交通省、林野庁

【Present】読者プレゼント

アンケートに答えて応募してね

下記ボタンよりアンケートにお答えいただいた方の中から、抽選でプレゼントします。

各プレゼント応募の締め切りはそれぞれ記載してあります。
抽選の結果は発送をもって代えさせていただきますのでご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事