平成30年度収蔵品展「建築からまちへ 1945-1970 戦後の都市へのまなざし」

概要

文化庁国立近現代建築資料館は、平成30年度収蔵品展「建築からまちへ 1945-1970 戦後の都市へのまなざし」を開催。

国立近現代建築資料館が収蔵している坂倉準三、吉阪隆正+U研究室、大髙正人などの建築資料群から、これまでの展覧会では十分に紹介できなかった彼らの思い描く〈ま ち〉アーバニズム〈 都 市 〉アーバンデザインに関連する資料を展示します。さらに、修復が完了した池辺陽の「渋谷区復興計画案」の全容も紹介。
 
詳しくはこちら

会期

平成30年6月9日(土)~9月9日(日)
10:00-16:30

※会期中無休

会場

文化庁国立近現代建築資料館
(東京都文京区湯島4-6-15 湯島地方合同庁舎内)

MAP

入場方法

■展覧会のみ閲覧(平日のみ利用可能)
湯島地方合同庁舎正門よりご入館ください。
※入館無料
 
■都立旧岩崎邸庭園と同時観覧
都立旧岩崎邸庭園よりご入館ください。
※旧岩崎邸庭園の入園料(一般)400円が必要です。
 
詳しいアクセスはこちら

入場料

無料

※旧岩崎邸庭園から入館する場合は、庭園観覧料400円が掛かります。また、土日・祝日は岩崎邸庭園からの入館のみとなります。

みどころ

坂倉準三
 現在の東京にも残る 〈都市建築〉 に関する資料を展示

池辺陽
 終戦直後の渋谷に構想された 「渋谷区復興計画案」全9点を展示

大髙正人
 都市と建築をむすぶ屋外空間のデザインを紹介

吉阪隆正 + U研究室
 東京都大島町の大火を受けて提案された災害復興計画の全容を紹介

総合監修

川向正人 (国立近現代建築資料館 主任建築資料調査官/東京理科大学名誉教授)

展示構成協力者

齊藤祐子 (建築家/サイト一級建築士事務所代表)
中島直人 (東京大学准教授)
難波和彦 (国立近現代建築資料館 主任建築資料調査官/東京大学名誉教授)
山名善之 (東京理科大学教授)

【敬称略・50音順】

関連イベント

会期中に資料館2階ロビーにて計4回のギャラリートークを行います。(モデレーター:川向正人)

■ギャラリートーク1
池辺陽には〈都市へのまなざし〉はあったのだろうか?
6月30日(土)14:00-
難波和彦 × 石榑督和(東京理科大学助教)
 
■ギャラリートーク2
坂倉準三:ユルバニスム--都市建築、シビックセンター
7月14日(土)14:00-
山名善之
 
■ギャラリートーク3
大髙正人:都市・建築・彫刻--その媒質としての屋外空間のデザイン
8月4日(土)14:00-
中島直人
 
■ギャラリートーク4
吉阪隆正+U研究室:大島町・元町復興計画を動かした〈不連続統一体〉と〈発見的方法〉
8月18日(土)14:00-
齊藤祐子×内田文雄(山口大学教授)
 
※出演者は都合により変更する場合があります。

主催

文化庁

協力

公益財団法人東京都公園協会

お問合せ

文化庁 国立近現代建築資料館
(東京都文京区湯島4-6-15 湯島地方合同庁舎内)

TEL:03-3812-3401 /Fax:03-3812-3407
URL:http://nama.bunka.go.jp

【Present】読者プレゼント

アンケートに答えて応募してね

下記ボタンよりアンケートにお答えいただいた方の中から、抽選でプレゼントします。

各プレゼント応募の締め切りはそれぞれ記載してあります。
抽選の結果は発送をもって代えさせていただきますのでご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事