トウキョウ建築コレクション2018

3月3日・4日に渡り、「修士設計展」「修士論文展」「デザイン展」の公開審査がそれぞれ行なわれました。
審査結果をお知らせします。 (※後日、大会レポートも掲載予定)

 

テーマ「波及する建築」
受賞者グランプリ
『山を登ることと建築』
小黒由美[東京藝術大学大学院 中山英之研究室]

千葉賞
『緑のものさしと日常の場面』
藤巻佐友梨[東京藝術大学大学院 トム・ヘネガン研究室]

石川賞
『塔のある日常』
村上裕貴[東京都市大学大学院 手塚貴晴研究室]

重村賞
『環境変化に応答する動く建築の設計』
森下考平[神戸大学大学院 遠藤秀平研究室]

成瀬賞
『表層の奥の琴線』
大石隆誠[東京電機大学大学院 山本圭介空間デザイン研究室]

原田賞
『島業の建築』
山口薫平[東京理科大学大学院 安原幹研究室]

山脇賞
『辻堂の海洋保全計画』
馬場隆介[千葉大学大学院 鈴木弘樹研究室]

公開審査日2018年3月4日(日)
会場代官山ヒルサイド・プラザ
審査員千葉学(審査員長)
石川初(モデレーター)
重村珠穂
成瀬友梨​
​原田真宏
山脇克彦
[敬称略・50音順]

 

テーマ「解像度の横断」
受賞者グランプリ
『台湾における遊廓立地の研究 1895-1945』-日本植民地都市計画論の観点から-
三文字昌也[東京大学大学院 西村幸夫研究室]

青井賞
『Licit Architecture〈道義的合法建築〉論』―タイ王国バンコク都クロントイ70 ライ地区を事例とした居住空間の現状および増改築による変容に関する研究―
阿部拓也[芝浦工業大学大学院 清水郁郎研究室]

川添賞
『横浜戦後復興における防火帯建築の理想』―官僚技術者内藤亮一と街区型建築群の面的開発に着目して
古谷優実[明治大学大学院 青井哲人研究室]

永井賞
『しなやかな部材の大変形を応用した可変形態の設計手法』
澁谷達典[東京大学大学院 佐藤淳研究室]

中島賞
『民間信仰組織の都市空間史』―近代浅草における〈地域稲荷〉の変容―
中井希衣子[明治大学大学院 青井哲人研究室]

林賞
『現代建築作品における相対的大空間の性格』
山本晃大[東京工業大学大学院 柳澤潤研究室]

山村賞
『伊豆大島土砂災害被災世帯の再定住プロセスに関する研究』
筒井健介[東京大学大学院 大月敏雄研究室]

公開審査日2018年3月3日(土)
会場代官山ヒルサイド・プラザ
審査員青井哲人(審査員長)
川添善行
永井拓生
​中島直人
​林立也
山村崇(モデレーター)
[敬称略・50音順]

 

テーマ「スケールの横断」
受賞者グランプリ
『イバショテラス』
[立命館大学 学生団体CLOWN](代表)中村魁
公開審査日2018年3月3日(土)
会場代官山ヒルサイド・スクエア
​エキシビション・ホール
審査員泉山塁威
紫牟田伸子
元木大輔
[敬称略・50音順]

 

概要

全国の修士学生による修士設計・修士論文を集めた、日本初の全国規模の修士設計・論文展を行う展覧会です。
2007年に発足し、12年目となる本年度は、「全国修士設計展」「全国修士論文展」「デザイン展」「特別対談」のプログラムで開催。

会期

2018年2月27日(火)〜3月4日(日)
11:00-19:00(初日は14:00-/最終日は-17:00)

会場

代官山ヒルサイドテラス
(東京都渋谷区猿楽町18-8) ⇒アクセス

主催

トウキョウ建築コレクション2018実行委員会

Official Book

⇒2018年7月、Official Book 発売予定!!
 

 
≪バックナンバー≫
         

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事