• 2019年 11月
  • HOME
  • 2019年 11月
インターン

【五洋建設㈱】(理系向け)建築&土木 1dayインターンシップ・現場...

【現場見学】現場見学を含む1dayインターンシップです。土木、建築それぞれの現場を見学し、プロジェクトの様々な管理業務を体験し、業務理解を深めていただきます。その他、座学での業界研究説明や職員との懇親会を開催します。建設会社はどんな仕事があり、どんな仕事が出来るのか様々な疑問を持っている方は是非お越しください。

聞きに行く

【12/10@東京】「木造・木質建築の設計」【交流委員会】法人C・Dグループ...

交流委員会C・D合同企画として、下記内容にて交流セミナーを開催いたします。今回の講演テーマは「木造・木質建築の設計」としました。この度、株式会社日本設計第3建築設計群副群長チーフア―キテクト、小泉治氏をお招きいたしまして氏の設計による木造木質の建築作品のお話をお伺いできる機会を設けることができました。

聞きに行く

【11/30@東京】JIA建築家と考える暮らしと住まい 2019@OZONE 人生100...

4人家族が夫婦2人となり、次は子供と同居など、家族の形は20年単位で変わっていくと言われます。ライフステージやライフスタイルの変化によって生活は変わっていきますが、20年毎に家を建て替える訳にはいきません。変化に対応できる住まいについて考えてみましょう。コーディネーター:大川直治,講師:関本竜太,高橋隆博 会場:リビングデザインセンターOZONE5階

見に行く

【11/30@栃木】大谷石とアートを巡るー大谷石建築と大谷で活動している作...

大谷石建築と大谷で活動している作家を訪ねる 石の里大谷を拠点に活動するアーティストのアトリエを訪ねるツアーです。今回は旧帝国ホテルの復元に携わった大谷石彫刻家 渡邊哲夫氏の工房も訪ねます。日時:2019年11月30日 主催:日本建築家協会栃木クラブ(栃木地域会)+大谷石研究会

聞きに行く

【11/23@東京】第32回 MASセミナー「5G時代の建築」建築家が考える建築の...

今回は、”5G時代の建築”「建築家が考える建築の未来」と題して、今日の技術革新が進んでいった先の社会を見越し、建築や都市がどう変わっていくのか、また変わらないものは何かを御一緒に考えて行かれたらと思います・・・日時:2019年11月23日(土)講演  14:00〜16:00 主 催:公益社団法人日本建築家協会 関東甲信越支部 港地域会

コンペ情報

【1/6〆切】茶室デザインコンペティション募集中(かながわ建築祭 2020)

JIA 神奈川 建築 WEEK かながわ建築祭 2020茶室デザインコンペティション 今回のテーマは一番小さな交流のかたち「2 帖の茶室」提出〆切は2020年1月6日(月)(17:00 必着)まで □審査員:小泉雅生,室伏次郎,堀越英嗣,金箱温春,青木恵美子□主催:公益社団法人日本建築家協会関東甲信越支部神奈川地域会

インターン

【東京・愛知】~住宅業界を知る~設計・工事・営業・仕入の全職種を体験...

三栄建築設計の家づくりの特徴は「同じ家は、つくらない。」設計・工事・営業・仕入の部署からなるプロジェクトチームを作り、チームのメンバー全員で話し合いを重ねて1からコンセプトを考え、一棟一棟丁寧に家づくりをしています。建売でありながら、全て違うデザインを実現する独自の仕組みを、インターンシップを通して体験していただけます

インターン

【埼玉】【本気を歴史に!】モックのSDGs体験型1dayインターンシップ

これからの世界の共通目標となる「SDGs」。住宅業界でも取り組みが始まってきています。モックでは学生の皆さんとSDGsを通じてモックの新規事業立ち上げのワークを行います。 モック・山長商店グループは紀州・和歌山県の高品質な杉・桧材をプレカットして需要地である首都圏にお届けし、経済的利潤を確実に山に戻すという循環型ビジネスモデルを展開しています。

特集

[連載]なにもしない時間のみえない建築01|堀越優希

新しい空間の糸口は、何気ない毎日の生活、いつも通る道にあるのかもしれない。しかしどうしたらそれらが見えてくるだろうか。建築家の堀越優希は、建築設計の傍ら、住まいである東京を中心とした都市の風景画を独自のスタイルで描いてきた。このドローイングは、都市の観察術であり、アンコントローラブルな都市を再構築する介入行為にも見える。これはそんな、建築・都市とどのように向かい合っていけるかを模索する一人の建築家による、ドローイングとエッセイの連載である。