1. HOME
  2. EVENT
  3. 見に行く
  4. 【埼玉】JIA環境建築賞2018 優秀環境建築選入選作品見学ツアー 「埼玉工業大学ものづくり研究センター」

【埼玉】JIA環境建築賞2018 優秀環境建築選入選作品見学ツアー 「埼玉工業大学ものづくり研究センター」

JIA環境建築賞2018 優秀環境建築選入選作品見学ツアー
「埼玉工業大学ものづくり研究センター」

概要

長寿命、自然共生、省エネルギー、省資源・循環、継承性などのテーマを通じて、社会資本としての建築を創造することができたかを評価する「JIA環境建築賞」。2018年度の優秀環境建築選・一般建築部門の入選作品である「埼玉工業大学ものづくり研究センター」の見学ツアーを開催します。

開催日時

2019年3月29日(金)
14:00-

会場

埼玉工業大学 ものづくり研究センター
(埼玉県深谷市普済寺1690) ⇒アクセス

※ものづくり研究センター入口に14:00集合

参加費

2,000円

募集人数

30名(申込先着順)

申込方法

氏名、所属、TEL、E-mail を明記の上、3月25日までにメールにてお申込み下さい

E-mail:mohnishi@jia.or.jp

作品講評

埼玉工業大学ものづくり研究センター
設計者:清水次郎、藤井久生、松本僚平、小林直樹、山下英隆、キム・ミング(松田平田設計)
建築主:学校法人智香寺学園
施工者:竹並建設
所在地:埼玉県深谷市
竣工年:2016年

水辺に育つ木立のように、少し傾きながら枝分かれしていく4本の木製の柱に支えられた、印象的かつ非常にフォトジェニックな空間である。実際に訪れてみても、その内部空間と構造体は印象的で存在感が強く、見ていて飽きることがない。間違いなく力作であり、木造でこの空間を実現された設計チームの力量には敬服した。
素晴らしい作品であることを承知の上、あえて辛口の意見も言わせていただく。中央の空間の質や構造計画と見比べて、またその空間が頑張っている分だけ、庇の伸びやかさに欠ける外観のデザイン、側面に配されたラボと中央の吹き抜け空間との連続感に欠けた平面計画、建築計画と今一つ反りが合っていない環境設備系計画が、この建築の魅力を損ねているように見えてしまった点が残念であった。(山梨知彦)

主催

JIA関東甲信越支部環境委員会

お問合わせ

公益社団法人 日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部(担当:大西)
(東京都渋谷区神宮前2-3-18 JIA館 4階)
TEL:03-3408-8291 /FAX:03-3408-8294
E-mail:mohnishi@jia.or.jp

※当日緊急連絡先:050-3139-6984 (担当:宮崎)

COMING

今後のイベント | 見に行く