• 出展者募集中
  • 出展者募集中のイベントを紹介します。是非参加ください。
  • HOME
  • 記事
  • 出展者募集中
  • 【1/8 締切】LUCHTA CHALLENGE2021(フープインテリアデザインコンペ) テーマ「人と人が“あう”空間」|寺子屋ふくろう実行委員会

【1/8 締切】LUCHTA CHALLENGE2021(フープインテリアデザインコンペ) テーマ「人と人が“あう”空間」|寺子屋ふくろう実行委員会

【1/8 締切】LUCHTA CHALLENGE2021(フープインテリアデザインコンペ) |寺子屋ふくろう実行委員会

テーマ
「人と人が“あう”空間」

人と接する機会が制限されて1年半。改めて、人と人があうことの大切さに気付かされた。
「あう」とひらがなで書いたが、「会う」だけでなく、気が「合う」巡り「逢う」偶然「遇う」等、「あう」には様々な場面を想定できる。
カウンター越しの店主との会話、友人同士、見知らぬもの同士…「あう」場面がいまから待ち遠しい。

今年のルフタチャレンジは、インテリアデザインを募集する。テーマは「人と人が“あう”空間」。
東京都内の1階空き店舗に、テーマに沿った、飲食店舗をデザインしてほしい。
業態は自由に設定して良い。この地域は住民もいるし、企業も多く、観光客もいる。

これからの時代を見据え、「あう」ことをしたくなる店舗を1枚のパースに表現し、
平面図や断面図などを1枚の図面にまとめ、合計2枚の画像データで勝負してほしい。

人と人が主人公の素敵な空間提案を期待する。

対象・応募資格
・インテリアに興味のある若手デザイナー(学生)を対象とします。
・応募時に40歳以下とし、グループでの応募は認めません。 同一人による複数点の応募を可能としますが、未発表の作品に限ります。
応募・登録料
無料
募集期間・作品提出期限
募集期間
2021年11月16日(火)~2022年1月8日(木)まで

作品提出期限
2021年1月8日 23:59必着

審査員
小堀哲夫 法政大学教授 小堀哲夫建築設計事務所/建築家
本多健  本多健建築設計室 /建築家

選考プロセス
審査員による提出作品審査10選(一次審査)を経て、最終審査を行い各賞を決定。※SNS賞は後日案内いたします。
提案場所
都心の1階空き店舗(飲食店舗)
5.9m×7.15m(40.36m2 12.21坪)
設計条件
・運営は従業員1~2名を想定してください。(バー・カフェ・小料理店等)
・平面図、断面図をダウンロードし利用してください。(DXF・VW) ※登録完了メールにダウンロードURLを記載
・区画は2区画あります。両方、もしくは半分の利用も可能です。
・電気、ガス、水道はあり、容量等は無視してください。
・給水・排水の位置は自由になるものとして設計してください。
・外壁、天井の高さ等 躯体の変更できません。
・開口部を広げることはできませんが、撤去新設は可能です。また新たに壁等を設け塞ぐことも可能です。
・トイレは区画外にあり、設計不要です。
・バリアフリー法対象外ですが、誰もが訪れることのできる空間を目指してください。
・アイデアコンペですが、実施も視野に入れた提案としてください。
・色彩、素材、質感、照明、家具、(小物、食器)などインテリアの要素を重視します。

図面データは下記より応募登録しご確認下さい。
⇒ 応募登録用フォームはこちら

提出物
1.パース2枚 画像データ:JPGデータ (1040pix×1040pix推奨)
2.コンセプト(140文字以内 提出フォームに入力)
3.作品タイトル(30文字以内 提出フォームに入力)
4.仕上/家具リスト(提出フォームに入力)※任意

提出物について
(1) パースに文章の添付は認めますが、A4程度の紙へ出力することを念頭においてください。(小さい文字は見えなくなります)
(2)提出データ「①作品タイトル」「②コンセプト」「③添付画像データ(サイズは1,040×1,040px」は必ず手元にバックアップを用意した上でお申し込みください。
(3)応募作品の提出方法は専用フォームのみとし、郵便または持参は受け付けできません。
(4)応募作品は返却いたしません。
(5)提案作品は未発表作品に限ります。
(6) 入賞後のトラブル等に関して、すべて応募者の責任となります。
(7) 入賞後に著作権侵害やその他の疑義が発覚した場合は、すべて応募者の責任となります。また、そのような場合は主催者の判断により入賞を取り消すことがあります。
(8) 建築情報サイト「LUCHTA」及び「oulstar project」他SNSで応募作品の掲載を予定しています。
応募登録・出展方法

・応募登録を下記フォームより行い、登録完了通知に記載されている図面データをダウンロードする。
・提出物を揃えた後に登録完了通知に記載されている提出フォームより期日までに出展完了する。

⇒ 応募登録用フォームはこちら 

質疑等
コンペに関する質疑応答は行いません。また規定外の問題は応募者の自由裁量とします。
その他 注意事項等
1.応募に際しての注意
応募作品の一部あるいは全部が、第三者の権利(知的財産権や著作権等)を侵害しないようにしてください。
特に書籍、雑誌、Web等から無断で複写した画像などを使用しないでください。

2.作品の権利関係について
応募作品および図面・写真等に関する著作権は、応募者もしくは権利保有者に帰属しますが、作品発表に関する優先的権利、および発表に際して作成する制作物の著作権は主催者が保有するものとします。

3.個人情報について
作品応募にあたりご提供いただきました個人情報は、主催者および運営事務局が適切に管理し、応募者の承諾なしに第三者に開示・提供することはありません。

グランプリ 1点 賞金10万円 (プロジェクトに関わる場合は別途費用あり)
審査員賞  4点 賞金1万円
特別賞   数点 
SNS賞    1点

※応募作品は、建築情報サイト「LUCHTA」及び「oulstar project」他SNSで応募作品の掲載を予定しています。
ルフタURL:https://luchta.jp

日程

応募要項発表・登録開始
2021年11月16日(火) 

作品提出開始
2021年11月22日(月)

応募登録・作品提出締切
2022年1月8日(金)

一次審査・10選発表
2022年1月中旬
※一次審査通過者は、個別の連絡及びホームページやSNSにて発表いたします。

結果発表
2022年2月

本多先生より皆様へ

参考に私(本多)の仕事であるホテルのロビーを、このコンペの感じでタイトルと、コンセプトを文章化してみました。パースはCGでなくても、スケッチや模型写真でも問題ありません。図面は、平面図と展開図を添付しましたが、これも自由です。できれば、色彩や素材、家具、照明について書いてくれるとわかりやすいです。図面内容も家具レベルの話をしてもいいし、ダイアグラムで説明しても良いです。いずれにしても、A3程度に出力して審査されると思ってください。


タイトル:旅の情報の出会う場所

コンセプト:
大きな街にあるたった5室の小さなホテル。立ち飲みバーを兼用したホテルの受付には、一日の最後に旅の情報を求めて外国人旅行客が集まってくる。その日仕入れた新鮮な情報を交換し、写真を見せ合う、見知らぬものが出会う場所。間接照明をつかい照度を落とすことで、人の情報を減らし、立ち飲みスペースには、地図を印刷した壁紙を用いる。ここでは旅の情報が主役だ。そして朝には、どこかで巡り合うことを夢見て別々に旅立っていく。

主催

●主催    建築学生情報サイトLuchta (ルフタ) 
●共催    建築資料研究社/日建学院
●企画/運営  株式会社hoop
●事務局   寺子屋ふくろう実行委員会 (本多健 馬場圭一 山上誠)

※LUCHTA Challengeとは
建築学生版の寺子屋形式の学習の場として2016年より提供している『寺子屋ふくろう』内企画として2017年より誕生しました。

関連記事一覧