せんだいデザインリーグ2020卒業設計日本一決定戦【応募1/14〜2/7】

「せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦」は、全国で建築を学ぶ学生の卒業設計作品を一堂に会し、公開審査によって日本一を決める大会です。第1回開催となる2003年以降、国際的に活躍する著名な建築家の方々を審査員としてお呼びし、毎年多くの出展とともに日本最大の卒業設計展へと成長してきました。また、海外のメディアに取り上げられたり、海外の学生が会場に訪れたりと国際的な注目も集めています。今年で18回目を迎える「せんだいデザインリーグ2020卒業設計日本一決定戦」は、せんだいメディアテークのほぼ全館を使用して予選審査・作品展示・公開審査を行い、さらなる求心性と盛り上がりを目指します。 新たな建築や都市を創造する建築学生により、白熱した議論が繰り広げられます。

【12/21@東京】「第13回 長谷工 住まいのデザイン コンペティション」公...

それはかつての大家族制に戻るということではなく、近代の核家族の住み方を経験した先にある、新しい住まいであるはずです。課題を乗り越え、新しい価値を生み出す、多世代、多国籍で生まれ変わる集合住宅を提案してください。■審査委員長:隈研吾■審査委員:乾久美子,藤本壮介,池上一夫■ゲスト審査委員:田中元子 ■主催:長谷工コーポレーション

【2/14 締切】第22回(2019年)まちづくり・都市デザイン競技

地域にふさわしい整備構想とまちのデザインについての提案を広く一般から募り、まちづくりに対する国民の関心を高めるとともに、活力ある美しい景観を備えたまちづくりの実現に寄与することを目的とし実施。今年は愛知県岡崎市「岡崎城周辺地区」を対象に提案を募集します。若手・学生を対象とした奨励賞も設けられています。

【12/17 締切】一緒に考えよう『KOJICHUプロジェクト』東京の現場を学生が...

施工中の現場の仮囲いなどを通して建設業の魅力を発信し、学生の皆さんがみずみずしい感性で考えたデザインを実際に実現させてみようというプロジェクトです。今年度のテーマは、「『工事中と人々結ぶインターフェイス』を実現する」。審査委員長に建築家・古谷誠章氏。最優秀賞は賞金50万円および対象工事の仮囲いにおいてデザインを採用。

【1/6〆切】茶室デザインコンペティション募集中(かながわ建築祭 2020)

JIA 神奈川 建築 WEEK かながわ建築祭 2020茶室デザインコンペティション 今回のテーマは一番小さな交流のかたち「2 帖の茶室」提出〆切は2020年1月6日(月)(17:00 必着)まで □審査員:小泉雅生,室伏次郎,堀越英嗣,金箱温春,青木恵美子□主催:公益社団法人日本建築家協会関東甲信越支部神奈川地域会

【12/27 締切】第26回 ユニオン造形デザイン賞

公益財団法人ユニオン造形文化財団が主催し、26回を数える、学生及び実務経験10年以内の社会人を対象としたアイディアコンペです。今年のテーマは「働きものの住宅」。審査員は建築家・中村好文。日々の暮らしの機微を愛し、建築的な創意工夫をこよなく愛するぼくが、思わず共感と称賛の拍手を贈りたくなる作品に巡り会えることを期待しています。