第一回 WIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION

概要

Wikitopiaプロジェクトは、先進的な情報通信技術を活用することで、オンライン百科事典Wikipediaのように「みんな」でつくる未来の都市を実現することを目指す研究プロジェクトです。

今回、第一回(PHASE 1)コンペ、第二回(PHASE 2)コンペの二回に分けて、広く国際的、学際的に未来のまちづくりに関するアイデアを募集するコンペティションを実施します。

二回のコンペは連続して行われ、互いに関連していますが、両方に応募していただいても、どちらか一方のみに応募していただいても構いません。ただし、第二回コンペではWeb上のシステムを用いた全応募者による参加型の審査も行われますので、こちらにつきましては第一回のみに応募される場合でもご参加いただければと存じます。

単なる夢のようなアイデアではなく、今後Wikitopiaプロジェクトが具体的なまちづくりを展開していく上での基盤要素となるデザイン、技術、制度、概念です。将来的に実際の都市空間において実装され得るアイデアを期待しています。
 
詳しくはこちら

課題

Wikitopia(銀座)のためのアプリ

対象地域

東京都中央区銀座地域
 
※あくまで「多様な人々や事物が活発に交錯する街」の典型例として提示しているものであり、アイデアを考え出す上でのヒント程度のものとしてお考えください。つまり銀座という地域に固有の場所性、固有の問題に、それほど強く寄り添ったアイデアである必要はありません。

スケジュール

■募集締切
2018年9月24日(月・祝)

■選考結果
2018年11月中旬

■公開展示
2018年11月25日(日)~11月28日(水)

参加資格

年齢、国籍、資格などは問いません。個人による応募も、グループによる応募も可とします(ただしグループで応募される場合は、代表者を一人決めてください)。一人あたり、一グループあたりの応募数にも制限はありません。

この第一回コンペと続く第二回コンペは互いに独立したものであり、したがって第一回コンペに応募したからといって、第二回コンペへの参加が義務づけられるということはありません。ただし、第二回コンペにおいてはWeb上のシステムを用いた参加型の審査も実施されます。こちらへの参加については、応募条件のひとつであるとお考えください。

募集内容

第一回コンペでは、Wikitopiaすなわち「みんな」でつくる未来都市の基盤となる新しい「アプリ」を募集します。ここで「アプリ」と呼んでいるのは、「都市の住人の自発的な活動を通して、都市空間やそこでの人々の行動になんらかの変化を与える」アイデアのことです。

既存の例を超えた、新しいアプリのアイデアをご考案いただきたいと思います。アプリは人工知能(AI)やIoT、3Dプリンティングなどのデジタルファブリケーション、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)、プロジェクション・マッピング、ドローンや自動運転車など、現存するもしくは近い将来実現が予測される様々なテクノロジーを取り入れたものであっても構いません。また、あまり非現実的なものでなければ、新しい法制度もしくはインフラの整備を必要とするものであっても構いません。
 
詳しくはこちら

選考方法・発表方法

選考はアイデアの新規性や実現可能性、都市空間や人々の生活へのインパクトなどを総合的に判断して行われます。

選考結果は、公式Webサイト上で2018年11月中旬までに発表します。また2018年11月25日から28日にかけて、野村コンファレンスプラザ日本橋(東京都中央区)において応募作品の公開展示と、選考委員、受賞作品の応募者、およびゲストスピーカーによるプレゼンテーションを実施します(インタラクティブ技術と空間との融合をテーマとした国際会議、ACM ISS 2018と併催される形になります)。また、このコンペに応募された「アプリ」は原則として、すべて公式Webサイトに掲載されます(時期は2018年10月上旬を予定)。

応募方法

以下の指示に従った提案書をpdf形式で作成し、締切日までに応募用ページの指示に従いファイルをアップロードしてください。
 
① ファイル名は(代表者苗字)_(提案タイトル).pdfとしてください(例:Suzuki_NiceFurniture.pdf)。
② ファイルサイズは100MB以内に抑えてください。
③ 提案内容をA3サイズ(横使い、420mm x 297mm)のシート1枚もしくは2枚に記述し、全シートをひとつのpdfファイルにまとめてください。
④ 提案書の使用言語は日本語もしくは英語とします。可能であれば両言語の併記としてください。
⑤ 各シートの左上隅に、提案タイトルを記載してください。
⑥ 1枚目のシートに、提案内容の概要説明文(日本語300字以内もしくは英語150ワード以内、併記も可)を記載してください。
⑦ 1枚目のシートに、提案内容が一目でわかるイメージ画像(縦横比は1:1)を載せてください。
⑧ 提案書に使用する文字は、各シートをA3サイズで印刷した際に読める大きさにしてください。
⑨ 提案書には応募者の氏名や、その他応募者を特定できる情報を記載しないでください。
⑩ 上記の指示に従っていれば、その他提案書の表現やレイアウトなどは自由とします。
⑪ 締切日を過ぎてアップロードされたファイルは審査対象外とします。
⑫ アップロードの際に、応募者および応募作品についての情報入力フォームにご記入いただきます。
 
応募用ページはこちら
 
 
募集締切:2018年9月24日(月・祝)

参加費

無料

■最優秀賞(1作品)
賞金50万円

■優秀賞(2~3作品)
賞金10万円

■入賞(4~5作品)
賞金5万円

選考委員

泉山塁威 (タクティカル・アーバニスト/東京大学/ソトノバ)

 
川原圭博 (情報工学者/東京大学)

 
成瀬友梨 (建築家/成瀬・猪熊建築設計事務所)

 
吉村靖孝 (建築家/早稲田大学/吉村靖孝建築設計事務所)

 
暦本純一 (情報工学者/東京大学/ソニーコンピュータサイエンス研究所)

 
 
■選考委員(補助)
Amin Anjomshoaa (情報工学者/マサチューセッツ工科大学)

 
Anna Muessig (都市計画家/Gehl Architects)

 
Rashmi Ramaswamy (建築家/Shed Studio)

企画・設計

倉方俊輔 (建築史家/大阪市立大学)

 
山本想太郎 (建築家/山本想太郎設計アトリエ)

主催

一般社団法人ウィキトピア・インスティテュート
WIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION事務局

後援

Ginza Sony Park Project、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所、NTT出版株式会社

お問い合わせ

一般社団法人ウィキトピア・インスティテュート
WIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION事務局
(東京都港区三田5-8-16-602)

E-mail:competition@wikitopiainstitute.org

公式アカウント

プロジェクトサイト ⇒WIKITOPIA PROJECT

Twitter ⇒@whereswikitopia

関連コンペ

第二回 WIKITOPIA INTERNATIONAL COMPETITION
募集締切:2018年12月28日(金)

詳しくはこちら

【Present】読者プレゼント

アンケートに答えて応募してね

下記ボタンよりアンケートにお答えいただいた方の中から、抽選でプレゼントします。

各プレゼント応募の締め切りはそれぞれ記載してあります。
抽選の結果は発送をもって代えさせていただきますのでご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事