• HOME
  • 記事
  • 聞きに行く
  • 【1/13,15,16,21 @大阪】連続トークイベント「Aレク」(ファッションデザイナー編・アーティスト編)

【1/13,15,16,21 @大阪】連続トークイベント「Aレク」(ファッションデザイナー編・アーティスト編)

連続トークイベント「Aレク」(ファッションデザイナー編・アーティスト編)

概要

AAFの設立1周年の記念レクチャーとして2011年に開催をはじめましたDレクはこれまで、【現代美術家・アーティスト編】、【ファッション・テキスタイルデザイナー編】、【グラフィック・アートディレクター編】、【インテリア・プロダクトデザイナー編】、そして【建築家編】と、5つのカテゴリーで活躍されるクリエーターの方たちに参加をいただきました。そして2017年5月。同居いたしておりました ナガオカケンメイさん率いるD&DEPARTMENT の 移転に伴い、2年間の休止をしておりましたが、LONG LIFE DESIGNを提唱されたナガオカさんの意思を継ぎ、「Aレク」と名称を変更し継続することにした2019年は【構造家編】を開催しました。

2000年にナガオカさんから依頼され、20代のころ、この建築のリノベーションの設計を担当した、当法人の代表を務める平沼孝啓が、「地域の日常にある建築に、継続のあり方を探ったプロジェクト」と称した場を利用し、現在、私たちAAFのスタッフたちが、日常に活動する場での開催となりますが、このような建築の文化に深いご理解とご興味を持たれる皆さまの、オフ会として、または勉強会の場として、建築やデザインに触れる「小さくて身近」な、「交流や集会の場」となることを目指していきます。

この建築が所在する大阪・南堀江は、道頓堀川の畔という立地から、島根や山口、高知や香川から木材が運ばれ、製材をされる倉庫や工場が多く存在しました。その関係から約60年前に家具工場として造られたこの建築は、約30年前に刷毛ブラシの制作所として受け継がれ、約15年前にロングライフデザインストアとして息を吹替えました。この系譜を受け、「どこにでもある日常の建築を」に価値を与えられた意図から、建築の文化活動を担う私たちAAFが、このバトンを落とすことなく、受け継いでいきます。

2021年、早春。昨年に引き続き、ファッションデザイナーとアーティストの皆さまに、ご登壇いただきます。乞うご期待ください。

日時・ゲスト

■2021年1月13日(水) 19:00-20:30(開場18:30)
ゲスト:齋藤精一(アーティスト)
 
■2021年1月15日(金) 19:00-20:30(開場18:30)
ゲスト:熊切秀典(ファッションデザイナー)
 
■2021年1月16日(土) 19:00-20:30(開場18:30)
ゲスト:森永邦彦(ファッションデザイナー)
 
■2021年1月21日(木) 19:00-20:30(開場18:30)
ゲスト:ミヤケマイ(アーティスト)

会場

平沼孝啓建築研究所
(大阪市西区南堀江2-9-14 4F) ⇒MAP

対談

<アーティスト編>
南條史生(美術評論家)

<ファッションデザイナー編>
太田伸之(実業家)

モデレーター

平沼孝啓(建築家)

入場料

1,000円

定員

60名
(事前申込制・当日会場にて先着順座席選択)

申込み

事前申込は早めに締め切ることがございます。ご了承ください。

⇒ お申込みはこちら

※1 当日の受付は18:30より先着順にて開始いたします。建物入り口・向かって左側の階段より、4階まで直接お越しください。また、席に限りがあり、立見になる場合がございます。どうぞお早めにご来場ください。
※2 当日のご参加も若干名様まで可能としております。18:30より1階にて先着順で整理券を発行します。
※3 開始時間に遅れられた場合、満員に達した場合、来場をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

主催

特定非営利活動法人(NPO法人)アートアンドアーキテクトフェスタ

お問合せ

特定非営利活動法人(NPO法人)アートアンドアーキテクトフェスタ

E-mail:info@aaf.ac
URL:www.aaf.ac

関連記事一覧