【8/31 締切】第3回 CERAMIC LIFE DESIGN AWARD 2020

第3回 CERAMIC LIFE DESIGN AWARD 2020

概要

この事業は、セラミック(陶磁)の可能性や新たな発想を全国から公募するデザインコンペティションとして、2016年よりビエンナーレ形式で開催しています。

テーマ

『出会い』
 
「異素材」との出会い、「技術」との出会い、「歴史」との出会い、「文化」との出会い、「機能」との出会い、「音」との出会い、「子供」との出会い、「光」との出会い、「香り」との出会い、「旅」との出会い・・・。
今回の『出会い』というテーマには、さまざまな思いが込められています。セラミックとあらゆる事物・事象との出会いを、多様な角度から捉え直すことで、これまでにない価値や意義を見出してください。

審査員

■第1次審査・第2次審査
浅井裕雄(建築家、裕建築計画代表)

田中右紀(佐賀大学 芸術地域デザイン学部 教授、陶磁造形作家)

ナガオカケンメイ(デザイン活動家、D&DEPARTMENTディレクター)

萩原修(明星大学デザイン学部 教授、デザインディレクター)

宮脇伸歩(株式会社LIXIL LHTデザインセンター チーフデザイナー、プロダクトデザイナー)

■審査総括
友岡秀秋(愛知県立芸術大学 教授、プロダクトデザイナー)

■グランプリ(1点)
100万円

■金賞(1点)
20万円

■銀賞(3点)
10万円

■入選(10点程度)

応募対象

陶磁分野に関わるデザイン(作品)およびプロジェクトのデザイン、また、それらを複合的に捉えた提案を広く募ります。

応募作品

作品は、発表・未発表、制作年に関わらず応募可能です。但し、他のコンペティションに入賞・入選していない作品に限ります。また、製品や既に発表された作品などについては、著作権が応募者に帰属するものに限ります。

応募資格

日本国内に居住する個人またはグループ
年齢、国籍は問いません。但し、第3回 CERAMIC LIFE DESIGN AWARD 2020開催期間「2020年6月1日(月)~2021年3月31日(水)」に日本国内に在住、または滞在していること。

応募点数

応募者1名または1グループにつき2作品まで応募可能です。

応募手数料

応募に際する手数料は不要です。

審査基準

1. 素材の特性を生かしていること。
2. 発想力、独創性がみられること。
3. 社会に対する問題意識がみられること。

応募受付期間

■第1次審査用応募受付期間
2020年6月1日(月)~8月31日(月)23:59まで

■第2次審査作品送付期間(第1次審査通過者のみ)
2020年12月21日(月)~12月24日(木)

応募方法

CERAMIC LIFE DESIGN AWARD WEBサイトからの応募のみ受付けます。
 
⇒ 応募はこちら

提出物(一次審査)

ホームページ上のエントリーフォームに必要事項を記入し、送信してください。

■エントリーフォーム(日本語表記)
1. 応募者情報
2. 作品情報
 タイトル、コンセプト、寸法など
3. 画像
  アイデアスケッチ、イラスト、三面図、モデルまたは実物など、1作品につきJPEG形式の画像3枚以内
  ※画像サイズ:幅3000ピクセル×高さ2000ピクセル以内、カラーモード:RGB

スケジュール

■第1次審査用応募受付期間
2020年6月1日(月)~8月31日(月)23:59まで

■第1次審査結果発表
2020年11月上旬

■第2次審査作品送付期間
2020年12月21日(月)~12月24日(木)

■公開審査、表彰式
2021年1月9日(土)

■作品発表(入賞入選作品展)
2021年1月10日(日)~1月24日(日)
@愛知県立芸術大学サテライトギャラリー SA・KURA

主催

CERAMIC LIFE DESIGN AWARD 開催委員会
(一般財団法人 神戸財団、愛知県立芸術大学)

お問合せ

CERAMIC LIFE DESIGN AWARD 開催委員会事務局
〒480-1194 愛知県長久手市岩作三ケ峯1-114 愛知県立芸術大学内

関連記事一覧