• HOME
  • 記事
  • 聞きに行く
  • 【11/21@愛知+オンライン】宇野友明×皆川明「手からはじまるものづくり」|『住宅建築』講演会 #58

【11/21@愛知+オンライン】宇野友明×皆川明「手からはじまるものづくり」|『住宅建築』講演会 #58

【11/21@愛知+オンライン】
宇野友明×皆川明「手からはじまるものづくり」
第58回『住宅建築』講演会

概要
『住宅建築』10月号では、
名古屋を拠点に設計施工を行う建築家の宇野友明さんを特集しました。
宇野さんの住まいづくりは、手でスケッチを描くことからはじまります。
プランや外観といった全体のイメージだけでなく、
構造の接合部や家具、照明など住まいのあらゆる部分を描き、
現場とやりとりしながら建築をつくりあげてゆきます。

今回は、ミナ ペルホネンの創業者でデザイナーの皆川明さんをゲストにお迎えし、
宇野さんと対談いただきます。
インスタグラムで宇野さんの建築を知ったという皆川さん。
ご自身のものづくりに通づるものを感じたといいます。

建築とデザイン、分野は異なりますが、
宇野さんも、皆川さんも「手で描く」ことから
ものづくりがはじまります。

お二人の発想の原点はどこにあるのか、
どんなものに影響を受けてきたのか、
職人とのやりとりや、素材の使い方、どんなプロセスを経て形になってゆくのか、
どんなことを大事にしてものづくりをされているのか……など、
お二人のものづくりに対する想いをうかがいます。

今回は宇野さんが手がけた「名東芸術協会事務所」にて開催します。
宇野さんの建築を体感でき、
また、お二人に直接ご質問いただける貴重な機会です。

皆様のご参加をお待ちしております。


概要

■登壇者:宇野友明、皆川明

■日時:2022年11月21日(月)16:00~18:00(予定)

■会場:① ライブ配信:Youtube Live(住建チャンネル)
② 現地参加 :名東芸術協会事務所(名古屋市内、当選者に後日住所をご連絡します。)

■会費:①ライブ配信:無料
②現地参加 :無料(抽選)
③10月号特別価格購入予約券:2,500円(試し読みはこちら)
④12月号特別価格購入予約券:2,500円(試し読みはこちら)
⑤10・12月号特別価格購入券:4,000円

■定員:①ライブ配信:300名
②現地参加 :30名(学生10名/一般20名) ※現地参加応募締切:11月12日(土)16時

■申込方法:

下記ページよりよりお申し込みください。

⇒ お申込みはこちら

【 現地参加について】※ご応募前にご確認ください
■アクセス
愛知県名古屋市内(詳細住所は当選者にのみご案内させいていただきます)

■注意事項
応募〆切:11月12日(土)16時
※申込時アンケートの申込区分で「現地参加抽選券」を選択いただき、電話番号、登壇者への質問欄を必ずご記入下さい。
抽選結果:Peatixメールよりご応募いただきました皆様にご連絡させていただきます。
※抽選に外れた場合でもそのままライブ配信をご視聴いただけます。
参加費用:イベント参加費は無料ですが、現地までの交通費はご負担ください。
そ の 他:配信中にお顔が出る可能性がございます。
ご来場の際に、検温、消毒、マスクの着用のご協力をお願いいたします。
37.5℃以上の発熱や咳等の症状が見受けられた際には入場をお断させていただきます。

登壇者プロフィール


宇野友明(うの・ともあき)
1960 年 愛知県に生まれる。1983 年 神奈川大学工学部建築学科卒業後、長谷部建築設計事務所を経て、1990 年 宇野友明建築事務所設立。

 

 

photo=Shoji Onmua

皆川明(みながわ・あきら)
1995 年に「minä perhonen」 の前身である「minä」を設立。ハンドドローイングを主とする手作業の図案によるテキスタイルデザインを中心に、衣服をはじめ、家具や器、店舗や宿の空間ディレクションなど、日常に寄り添うデザイン活動を行っている。デンマークのKvadrat、スウェーデンのKLIPPAN などのテキスタイルブランド、イタリアの陶磁器ブランドGINORI 1735 へのデザイン提供、新聞・雑誌の挿画なども手掛ける。

主催

建築資料研究社建築思潮研究所『住宅建築』編集部

お問い合わせ

info(アットマーク)jyuken.site

建築資料研究社からのお知らせ
住宅建築のバックナンバーをはじめ、関連雑誌書籍の特別販売サイトを近日オープンします。
イベント終了までの期間限定となりますので皆様のご利用を心よりお待ちしております。
サイトオープンの際はメールにてお知らせさせていただきます。

関連記事一覧