• HOME
  • 記事
  • 見に行く
  • 【10/1 @オンライン】スイス・クリエイティブ・トーク vol. 7:創造性とニューノーマル ― AR(拡張現実)&ロボティクス MEET コンテンポラリーアート&ダンス

【10/1 @オンライン】スイス・クリエイティブ・トーク vol. 7:創造性とニューノーマル ― AR(拡張現実)&ロボティクス MEET コンテンポラリーアート&ダンス

スイス・クリエイティブ・トーク vol.7:創造性とニューノーマル
AR(拡張現実)&ロボティクスMEETコンテンポラリーアート&ダンス

概要

遠く離れた場所にいるダンサー達がバーチャル・リアリティ(VR)上で共演を行う、指先で振り付けを行うアプリ。誰もがどこからでも操縦可能なロボット。テレプレゼンス、アバター、リアルタイムグラフィックス、データフロー、バーチャルの世界、そして新たな形の相互交流…ニューノーマルにおけるクリエイティブ・スペースとはどのようなものなのでしょうか?世界的なパンデミックは、クリエイティブエコノミーを担う多くの当事者に深手を負わせています。
しかし同時に、アーティストや文化的なアントレプレナーにとっては、実践やコンテクスト、表現の手段、そしてオーディエンスエンゲージメントについて再考するきっかけともなりました。

SUPER DOMMUNEの協力の下、これらの疑問点を検討する今回のスイス・クリエイティブ・トーク。
AATB(デザイン・プラクティス)、ジル・ジョバン(振付家・映像作家)、真鍋大度(Rhizomatiks ファウンダー)、四方幸子(キュレーター・批評)そして宇川直宏(SUPER DOMMUNE主宰)等、スイスと日本の第一人者をスピーカーに迎え、ハイブリッドな日瑞ディスカッション&パフォーマンスナイトをお届けします!

さらにこの機会に、日本語版も加えられたAATBのオンラインロボティクス・インスタレーション『ハンド・シェイク』が、2020年9月28日から10月16日の期間、特別に設置、再公開されます。ソーシャルディスタンスとデジタルの親密さへの問いを投げかけるこのインスタレーションは、参加者がシンプルなPCを使用して、大きく複雑なロボットの腕を遠隔操作することができるもの。さらに、世界中の友人や見知らぬ人とも握手(ハンド・シェイク)をすることもできます。

日時

2020年10月1日(木) 19:00-(日本時間)

参加方法

SUPER DOMMUNEよりライブ配信

⇒ ご視聴はこちら

スピーカー

AATB:アンドレア・アンナー&ティボー・ブレべ(デザイン・プラクティス)
ジル・ジョバン(振付家・映像作家)
真鍋大度(Rhizomatiks ファウンダー)
四方幸子(キュレーター・批評)
宇川直宏(SUPER DOMMUNE主宰)

スケジュール

19:00-
トーク1 現実/仮想/拡張/ハイブリッド:空間のクロスオーバー
トーク2 エクスプレッシブテクノロジー:新たな文化的インタラクションへ
AATB 、ジル・ジョバン、真鍋大度によるデモンストレーションあり

22:00-23:00
日瑞スペシャルライブパフォーマンス AR・パフォーマンス @ SUPER DOMMUNE(東京)x 音楽パフォーマンス by Quiet Love Records (Tobias Preisig / Egopusher、Diskretなど) from チューリヒ(予定)

※トークイベントは日・英の同時通訳付きで行われます

料金

無料

申込み

不要(どなたでもご覧いただけます)

主催

在日スイス大使館

協力

SUPER DOMMUNE

関連記事一覧