1. HOME
  2. ブログ
  3. 【結果報告】シェルターインターナショナル学生設計競技2018(関連書籍プレゼントあり)

【結果報告】シェルターインターナショナル学生設計競技2018(関連書籍プレゼントあり)

シェルターインターナショナル学生設計競技2018審査結果

受賞者

最優秀賞 [711]『途中の家 Road scape』
ZHIQIANG MA・ XING YE・LIN JIAHONG [HUNAN UNIVERSITY]/China
優秀賞 [624]『REKINDLING CEREMONY』
Will Muhleisen・Liam Patterson[RMIT University]/Australia
入賞 [293]『COOK HOUSE 世代を繋ぐ食堂』
Justin Foo・ Lee Fang [Cambridge University]/Singapore
入賞 [424]『代 輪郭の奥行き shiro depth of edge』
西野 雄太[福岡大学 大学院]/日本
入賞 [705]『公共建築の生と死「みんなでつくり」「みんなでこわす」』
小室龍昭・山田清香[東京理科大学大学院]/日本
奨励賞 [645]『Recoil! A fire is born』
Sarvin Sarabi Daryani [Tehran University College of Fine Arts]/Iran
奨励賞 [717]『浮遊する屋根』
近藤 俊暢[東京電機大学大学院]/日本

概要

「シェルターインターナショナル学生設計競技」は国内外の建築学生を対象とした日本最大規模の設計コンペです。
20回目となる今年は審査委員長に伊東豊雄氏を迎え、【「みんなの家」って何だろう】という課題のもと作品を募集。

公開最終審査では、1次審査を通過した5組がプレゼンテーション、及び審査委員の先生方とのディスカッションを行います。
公開審査後には、審査委員長 伊東豊雄氏による特別講演も開催。

コンペ課題

「みんなの家」って何だろう

詳しくはこちら


一次審査結果

10月27日(土)に一次審査を行い、応募総数186作品(国内45作品、海外141作品)から、最終審査へ進む入選5作品と、奨励賞2作品が選ばれました。

■入選5作品
[293]COOK HOUSE 世代を繋ぐ食堂
Justin Foo (Cambridge University )/Singapore
Lee Fang (Cambridge University )/Singapore

[424]代 輪郭の奥行き shiro depth of edge
西野 雄太 (福岡大学 大学院)/日本

[624]REKINDLING CEREMONY
Will Muhleisen (RMIT University)/Australia
Liam Patterson (RMIT University)/Australia

[705]公共建築の生と死「みんなでつくり」「みんなでこわす」
小室 龍昭 (東京理科大学大学院)/日本
山田 清香 (東京理科大学大学院)/日本

[711]途中の家 Road scape
ZHIQIANG MA (HUNAN UNIVERSITY)/China
XING YE (Harbin Institute of Technology)/China
LIN JIAHONG (HUNAN UNIVERSITY)/China

■奨励賞2作品
[645]Recoil! A fire is born
Sarvin Sarabi Daryani (Tehran University College of Fine Arts)/Iran

[717]浮遊する屋根
近藤 俊暢 (東京電機大学大学院) /日本

詳しくはこちら


審査委員

■審査委員長
伊東 豊雄(建築家)

■審査委員
トム ヘネガン(建築家/東京藝術大学教授)
古谷 誠章(建築家/早稲田大学教授)
大西 麻貴(建築家)
百田 有希(建築家)


応募資格

大学等教育機関の学生であること。(最終審査の時点で在学中であること。)
最終審査の公開プレゼンテーションに参加できること。

■最優秀賞(1作品)
賞状・100万円

■優秀賞(1作品)
賞状・50万円

■入賞(3作品)
賞状・10万円

■奨励賞(2作品)
賞状・賞品


主催

株式会社シェルター


お問い合わせ

「シェルターインターナショナル学生設計競技」山形事務局
(山形県山形市松栄1-5-13)
TEL:023-647-5300 /FAX:023-647-5150
E-mail:shelter@siac.jp


公式アカウント

■HP ⇒http://www.shelter.jp/compe/2018/jpn/index.html
■facebook ⇒@shelter.compe
■twitter ⇒@shelter_compe
■Instagram ⇒@shelter_compe


読者プレゼント

「KES構法で建てる木造園舎 保育園・幼稚園・認定こども園 (建築設計資料・別冊)」を

 抽選で20名様にプレゼント


<概要> 大断面集成材と金物を使ったエンジニアリングウッドとして信頼と実績のあるKES構法による保育園、幼稚園、認定こども園などの子育て施設をまとめ、写真、図面、断面詳細図で紹介し、少子化社会における園舎の設計や木造の効果についての論考を掲載。特別インタビューでは園長からの施設に対する想いなども述べられた。技術資料編では日本初の木造接合金物工法として、株式会社シェルターによって開発されたKES構法の特徴や、実績を紹介。 設計における課題、作品例、技術解説をまとめた[建築設計資料]として、木造園舎の魅力をまとめた一冊。

詳しくはこちら


関連記事