• BOOKS
  • 建築系学生にぜひ読んでほしい本

【BOOKS】トウキョウ建築コレクション2020 Official Book

令和の時代に変わり、東京オリンピックが開催される2020年(展覧会当時)は、日本における転換期とも言える。そんな年に、14年続いたトウキョウ建築コレクションのこれまでの集積を振り返り、回顧することを意味する『Re;collection』をテーマに掲げ、今後の建築とは、また日本とはどうあるべきなのか、を考える2020年大会の模様を伝える公式記録集。「全国修士設計展」「全国修士論文展」「特別講演」「企画展」を収録する。

 ⇒ 詳細はこちら

本体2,000円+税 購入はこちらから  

目次

トウキョウ建築コレクション2020企画概要

【全国修士設計展】

開催概要/審査員紹介

★グランプリ
池上里佳子(東京藝術大学大学院 美術研究科 建築専攻 中山英之研究室)
「田中一村美術館 奄美を切り取る??絵のない美術館」

★能作文徳賞
中山陽介(千葉工業大学大学院 工学研究科 建築都市環境学専攻 遠藤政樹研究室)
「滲み合うアンビエンス The Involved Ambiences」

★長谷川逸子賞
福田晴也(東北大学大学院 工学研究科 都市・建築学専攻 五十嵐太郎研究室)
「陶芸と建築」

★早部安弘賞
勝山滉太(東京理科大学大学院 工学研究科 建築学専攻 郷田桃代研究室)
「水の現象を享受する棚田の建築 遷移する空間の設計手法」

★藤村龍至賞
鈴木麻夕(東京理科大学大学院 理工学研究科 建築学専攻 西田司研究室)
「入院して、転職する 一義的な建築における空間の多義性の獲得」

★マニュエル・タルディッツ賞
須藤悠果(東京藝術大学大学院 美術研究科 建築専攻 中山英之研究室)
「噺場 oral history spots」

菅原功太(早稲田大学理工学術院 創造理工学研究科 建築学専攻 古谷誠章・藤井由理研究室)
「the space 建築空間論研究??認知心理学による両眼視差モデルを用いて」

中村篤志(千葉工業大学大学院 工学研究科 建築都市環境学専攻 今村創平研究室)
「都市からの手紙 街の記憶を継承する都市建築の提案」

福嶋佑太(東京理科大学大学院 理工学研究科 建築学専攻 伊藤香織研究室)
「void urbanism guide 不安定な都市の暴露と建築のふるまい」

堀井秀哉(早稲田大学理工学術院 創造理工学研究科 建築学専攻 古谷誠章・藤井由理研究室)
「解釈の探求 フランツ・カフカ作品におけるeinsinnigな叙述描写を通して」

全国修士設計展 次点作品
全国修士設計展 巡回審査
全国修士設計展 公開審査会

【全国修士論文展】

開催概要/審査員紹介

★グランプリ
岡本圭介(東京大学大学院 工学研究科 建築学専攻 野城智也研究室)
「社会変容を背景とした建築家の新職能に関する基礎的考察 米国の事例を題材として」

★倉方俊輔賞
増子ひかる(東京理科大学大学院 工学研究科 建築学専攻 伊藤裕久研究室)
「明治期の浅草仲見世通りにおける掛店から煉瓦仲店への転換と店舗空間の変容過程に関する研究」

★前真之賞
有田一貴(信州大学大学院 総合理工学研究科 工学専攻 寺内美紀子研究室)
「長野市における既存活用型高齢者施設の室構成の変化」

★山下哲郎賞
増村朗人(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 政策・メディア専攻 松川昌平研究室)
「曲がり木の組手仕口加工システム開発」

★山田あすか賞
星野拓美(東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 加藤耕一研究室)
「70年代ピーター・アイゼンマンの理論と実践 アカデミズムの系譜と活字媒体・写真による発信」

小野緋呂美(早稲田大学大学院 創造理工学研究科 建築学専攻 小岩正樹研究室)
「貴族社会にみられる図書保存活動の解明 文倉を中心とした保存による平安文化の成立と中世社会の誕生」

織大起(東京工業大学大学院 環境・社会理工学院 建築学系 奥山信一研究室)
「都市の空閑地における建築的介入にみる時間的文脈と既存環境の再構成手法」

道家浩平(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻 出口敦研究室)
「『領域』の観点からみた東京都区部における景観計画の再考」

中野隆太(大阪市立大学大学院 工学研究科 都市系専攻 横山俊祐研究室)
「ICT活用による学習空間・学習展開の弾力化に関する研究」

水谷蒼(千葉大学大学院 園芸学研究科 環境園芸学専攻 章俊華・三谷徹研究室)
「回遊式庭園における点群データを使用した空間体験の記述に関する研究」

全国修士論文展 質疑/審査員コメント
全国修士論文展 公開討論会

【企画展】
テーマ:Re;Collection

【特別講演】
テーマ:大学教育と資格
パネラー:冨永美保×山岸雄一×山村 健

トウキョウ建築コレクション2020 全国修士設計展採点表
トウキョウ建築コレクション2020 全国修士論文展採点表

 ⇒ 詳細はこちら

本体2,000円+税 購入はこちらから  

あわせて読みたい
【大会レポート】トウキョウ建築コレクション2020「re; collection」

全国から建築系の修士設計と論文が集まる一大イベント「トウキョウ建築コレクション(以下、トウコレ)」は、今年14回目を迎えた。学生有志からなる実行委員が主催し研究者や建築家を審査員として招聘。全国から集まった応募作品が選抜、展示され、公開審査会で講評も行う。今年は設計展・論文展ともに各10点ずつの作品が出展された。会場は初回から変わらず槇文彦氏設計の代官山ヒルサイドテラス。

⇒ 詳しくはこちら

関連記事一覧