【9/26@京都】平田晃久×西澤徹夫×清水重敦「時間がよびさます建築」

平田晃久×西澤徹夫×清水重敦「時間がよびさます建築」

概要

今回のシンポジウムは、今年度村野藤吾賞を獲得した平田晃久さんと、昨年、青森の八戸美術館と一昨年京都市美術館のプロポーザルコンペで最優秀賞に輝いた西澤徹夫さんをお招きいたします。
二人は、現代の日本を代表とする建築家、伊東豊雄と青木淳さんの愛弟子で、二人の親分に絶大なる信頼を得ています。まさに次世代を担うにふさわしい建築家といえます。
平田さんは、建築に生態的な思想を持ち込み、今までの建築とは違った日々成長し続ける建築を次々につくり出しています。
対して、西澤さんは京都市美術館ではアーカイブ的な建築を手がけていますが、八戸美術館では美術館を「ラーニングセンター」と名づけ、建築にまつわるすべての要素をひとつの実態に落とし込み、地域の文化を掬い上げ、育て、根付かせていくという視点で地域を総合的に捉えていくという方法をとっています。

そこで、今回のシンポジウムは歴史化の清水重敦さんをナビゲーターにお招きして、二人の建築家の作る建築が日々動いている都市に対してどのように地域を読み取り、新しい建物を建てようとしてきたのかの実態に迫ります。
 
詳しくはこちら

日時

2018年9月26日(水)
18:00-20:00

会場

新建築社北大路ハウス
(京都府京都市北区紫竹上梅ノ木町28) ⇒MAP

ゲスト

平田晃久×西澤徹夫×清水重敦

参加費

無料

定員

100名(要事前申込)

主催

ミサワホーム近畿株式会社

企画・監修

大島滋(ミサワホーム株式会社 Aプロジェクト室 室長)

お問合わせ

ミサワホーム Aプロジェクト室

TEL:03-3349-8073
[受付時間]10:00-18:00 [定休日]土・日・祝

関連記事一覧