1. HOME
  2. EVENT
  3. 見に行く
  4. 【東京】木工藝 清雅を標に:人間国宝 須田賢司の仕事

【東京】木工藝 清雅を標に:人間国宝 須田賢司の仕事


 

木工藝 清雅を標に:人間国宝 須田賢司の仕事

概要

日本伝統の木工芸技術は古代から今日に至るまで脈々と受け継がれ、私たちの身の回りの箪笥や箱、家具にも使われています。著名な正倉院には多くの木製の宝物があり、珍貴な素材を惜しげもなく使い、技術の粋を尽くした繊細かつ華麗な工芸品が私たちの目を楽しませてくれます。そうした日本最高峰の木工芸に注目し、その「技」と「心」を引き継いでいる木工藝家・須田賢司氏の作品を通じて、日本の木工の歴史をはじめ、伝統の指物から総合芸術たる「木工藝」へと昇華させた工芸の最先端の世界を紹介します。
また制作の舞台裏も紹介し、精緻な木工作品を生みだす背景にも迫ります。
ぜひ会場にて清雅な工芸の世界をご覧ください。

会期

2019年8月2日(金)~9月20日(金)
10:00-18:00 (最終日は17:00まで)

※休館:日曜・祝日、8/10(土)~8/18(日)

会場

GALLERY A4 (ギャラリー エー クワッド)
(東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店1F) ⇒アクセス

入館料

無料

展示概要

・日本木工小史をパネルと作品で紹介
・木工藝家・須田賢司氏の逸品の数々
・普段あまり見ることのない制作の舞台裏の紹介
・大英博物館が制作した映像をはじめ、その他映像作品

関連イベント

人間国宝 須田賢司によるギャラリートーク
日時:①2019年8月2日(金)14:00-15:00/②2019年8月23日(金)14:00-15:00
講師:須田賢司(木工藝家、重要無形文化財「木工芸」保持者)
会場:ギャラリー エー クワッド(東京都江東区新砂1-1-1) ⇒アクセス
参加費:無料
定員:各回20名(先着順)
申込:不要

 
講演会「木工の歴史と作品 ―指物師から工藝作家へ―」
日時:2019年8月23日(金)18:30-20:00
講師:小泉和子(家具道具室内史学会長)、須田賢司(木工藝家、重要無形文化財「木工芸」保持者)
会場:竹中工務店東京本店2階Aホール(東京都江東区新砂1-1-1) ⇒アクセス
参加費:無料
定員:100名(先着順)
申込:要事前申込
⇒ 申込フォームはこちら

主催

公益財団法人竹中育英会

共催

公益財団法人ギャラリー エー クワッド

企画

公益財団法人竹中大工道具館

協力

群馬県甘楽町、公益財団法人日本工芸会

お問合せ

ギャラリーエークワッド事務局

TEL:03-6660-6011
URL:http://www.a-quad.jp

COMING

今後のイベント | 見に行く