1. HOME
  2. ブログ
  3. 【7/30@千代田】講師/安藤邦廣「復興と板倉-森里海をつなぎ、地域の暮らしを育む-」LUCHTA学生会員特典あり

【7/30@千代田】講師/安藤邦廣「復興と板倉-森里海をつなぎ、地域の暮らしを育む-」LUCHTA学生会員特典あり

『住宅建築8月号発売記念講演会』

講演会概要

■テーマ/「復興と板倉-森里海をつなぎ、地域の暮らしを育む-」

■講師/安藤邦廣 (建築家・筑波大学名誉教授)

■日時:2018年7月30日(月)18:45〜20:30 (18:15開場)
■会場:アーツ千代田 3331 (東京都千代田区外神田6-11-14)
■会費:一般 ¥1,500 定期購読者 ¥500  学生 ¥500←※LUCHTA LINE登録で無料
■定員:100名 ※要申込み・受付先着順
■申込方法は下記に記載

内容

東日本大震災から7年が経過しました。

仮設住宅も役目を終え解体が進む一方で、
安藤さんが設計した福島・会津若松の板倉の仮設住宅は
初めて復興公営住宅として再利用・転用されました。
被災しそこに暮らしていた人たちが再び入居し、
同じ場所でコミュニティがつくられています。

津波で甚大な被害を受けた宮城・南三陸では、
安藤さんも一員として活動する「南三陸木の家づくり互助会」による
復興住宅の建設が進んでいます。
地域の人たちの「互助」によってつくられる板倉の復興住宅は、
木がもつ温かみや心地のよさがあるだけではなく、
南三陸の豊かな森林資源の活用につながり、
それが海を守ることにもつながっていきます。

講演会では、「森里海をつなぎ、地域の暮らしを育む復興」をテーマに、
これまでの7年の取り組みとこれから目指すべきことについて
お話しいただきます。

皆さまのご参加をお待ちしております。

講師プロフィール

安藤邦廣(あんどう・くにひろ)
1948年 宮城県に生まれる。1973年 九州芸術工科大学芸術工学部環境設計学科卒業。
東京大学工学部助手を経て、1998年〜 筑波大学教授。2013年 退職、同大学名誉教授。
里山建築研究所主宰。著書に『職人が語る木の技』『小屋と倉』『住まいを4寸角で考える』ほか。

お申し込み
申込はこちら
ポスター

関連記事