• BOOKS
  • 建築系学生にぜひ読んでほしい本
  • HOME
  • 記事
  • BOOKS
  • 【BOOKS】庭NIWA 2020夏号「造園×建築 理想の住まいづくり」

【BOOKS】庭NIWA 2020夏号「造園×建築 理想の住まいづくり」

[庭NIWA No.239]2020年 夏号

概要

理想の住まいをつくるための取り組みとして、建築設計段階から造園の設計も同時に進行するケースが増えつつある。設計段階から造園・建築を共に計画できれば、景観を整えるだけでなく、微気候をつくり出したり、心地良いアウトドアリビングを実現できるといった、さまざまなメリットがあるからだ。では、実際、理想的な住まいづくりを実現するために、造園家と建築家はどのようにプロジェクトに向き合っているのだろうか。造園家と建築家が共に設計に取り組んだ住宅をモデルケースに、双方がどのように計画を進めているのかを対談形式で語ってもらい、理想の住まいづくりへのアプローチ方法を探る。

 ⇒ 詳細はこちら

本体2,400円+税 購入はこちらから

 

目次

特集
造園×建築 理想の住まいづくり

庭はあるべき空間として取り組む
橋内智也/橋内庭園設計×手嶋 保/手嶋保建築事務所

時代の空気と価値観を共有する空間づくり
辰己耕造・辰己二朗/GREEN SPACE×今津康夫/ニンキペン

都市の暮らしに人と自然が戯れる場を作る
住谷弘法・住谷晃也/杉景×小笠原絵理/間工作舎

「庭」を巡る思考を共有するパートナー
塚田有一/温室×平田晃久/平田晃久建築設計事務所

特別企画
「住宅デザイン学校」で学んだこと
建築と造園を共に考える魅力的な住宅とは

座談会
伊礼 智/伊礼智設計室、荻野寿也/荻野寿也景観設計、岡沢公成/暮らしの工房、
佐藤友也/扇建築工房、箕輪裕一郎/みのわ建築設計工房

NIWA SPECIAL REPORT

“都会の田舎暮らし”を実現する住まい
大町のニハ
造園設計・施工=ランドスキップ

連載

歴史をひもとき未来へつなぐ永遠の名庭園(第3回)
唯一無二の圧倒的スケール感を持つ大名庭園
仙巌園 附 花倉御仮屋庭園(鹿児島・鹿児島市)
監修=吉村龍二/環境事業計画研究所 代表
取材・文=町田 香/京都芸術大学 非常勤講師

磐座探訪(第4回)
三徳山の絶壁と投入堂(鳥取・東伯郡)
写真・文=須田郡司/巨石ハンター

NIWA INTERVIEW #24
景観からの発想は、まず風景を考えること
景観研究・土木設計家 篠原 修氏

作庭に役立つ素材と技術 27
石の可能性

NIWA PERSON #10
自然浴の理念を継承した庭でのライフスタイルを提案
LIXIL エクステリア事業部
エクステリア商品開発部 商品戦略室 室長 移川拓也氏

現場で役立つ 職人の知恵と技術(第27回)
石積編⑰神奈川の石
根府川石
文=内田 均/東京農業大学 地域環境科学部 地域創成科学科教授

庭道具考(第4回)
知己之鉈
人間力・技術力・科学の目から生まれた鉈
日野浦刃物工房/鉈・古型
取材・文・写真=浦田浩志

古来の庭園造作・環境づくりに学ぶこれからの造園(第9回)
現代土木の副作用
その2 土石流発生のメカニズムと対策
文=高田宏臣/高田造園設計事務所

未来を植える人びと~植木生産者を訪ねて~(第11回)
印南壮啓氏/那須緑泉

NIWA COLUMN

みどりの力(第23回)
受刑者たちがつくり上げた刑務所の中の日本庭園
文=篠原杏子/ガーデンコーディネーター

時代の気分(VOL.23)
人との関わりに時間もお金も消費する
文=小原直花/伊藤忠ファッションシステム ナレッジ開発室 室長
 

NIWA REPORT

多角的に語られた自然観から学ぶ
連続交歓講座 第3回「心の豊かさと幸福とは」

東京オリンピック・パラリンピックに向けて
「おもてなしの庭」を芝公園に作庭
取材・文=井上花子/日本造園組合連合会 理事

“ナチュラリスティック”な植栽手法とは何かを伝える
『FIVE SEASONS』上映会イベント
文=GRASSES

ビジュアル表現に長け、社会的ニーズをとらえた作品が高評価
第46回全国造園デザインコンクール受賞者発表

 
NIWA NEWS
NIWA BOOK
NIWA CALENDAR
239号に協力いただいた作庭家・造園家リスト
NIWA info

 
 ⇒ 詳細はこちら

本体2,400円+税 購入はこちらから

関連記事一覧