【Lab.】法政大学 川久保俊研究室 (建築・都市環境)

【Lab.】法政大学 川久保俊研究室 (建築・都市環境)

お知らせ

2019/4/21  川久保先生が講演会講師として登壇いたします。【2/22 @群馬】「SDGs×建築×環境」第1回 地域から考えるSDGs⇒詳細はこちら
2019/4/21  SDGsに関する研究成果がテレビで放送されました⇒詳細はこちら
2019/3/14  川久保研究室の学生が若手優秀研究報告賞を受賞しました⇒詳細はこちら⇒詳細はこちら
2019/2/13  川久保准教授が地方創生SDGs国際フォーラムに登壇しました(2/13)⇒詳細はこちら

研究室情報

概要
学校名:法政大学
学科名:デザイン工学部建築学科
分類:建築・都市環境
担当教員:川久保俊[准教授]
キャンパス:市ヶ谷田町キャンパス
所在地:〒 162-0843
東京都新宿区市谷田町2-33
情報:

HP:https://kawakubo-lab.ws.hosei.ac.jp
https://www.facebook.com/KawakuboLaboratory/
https://www.instagram.com/kawalab.hosei/

キーワード
#建築環境 #都市環境
#持続可能性 #健康維持増進
#スマートハウス #スマートシティ
#サステナブルタウン
#サステナブルシティ
#建築環境総合性能評価システム(CASBEE)
#持続可能な開発目標(SDGs)

主な研究テーマ

世界の共通言語SDGsを活かしたまちづくりに関する研究

その他研究テーマ

研究進捗状況の発表の様子
・公開統計情報に基づく自治体の持続可能性評価に関する研究
・建築産業におけるSDGsの主流化に関する研究
・住民の健康維持増進に資する住環境整備に関する研究
・快適な睡眠環境の創出に向けた研究
・生体情報に基づく快適性評価に関する研究
・ICT技術を活用したスマートハウスの実現に向けた研究
・建築分野における気候変動緩和策・適応策に関する研究
・建築環境総合性能評価システムCASBEEの開発

コンセプト

建築・都市のサステナブルデザイン

環境と開発に関する世界委員会が1987年に公表した報告書「Our Common Future」の中で「持続可能な開発」という概念が提唱されました。現代に生きる我々のことだけでなく、将来生まれてくる子供や孫、そしてさらにその先のジェネレーションのことにも思いを馳せながら開発を行っていくべきという世代間倫理の考え方が打ち出されたものです。この持続可能な開発という考え方を建築・都市デザインに活かす研究を行っています。
建築・都市はその他の人工物と比較して寿命が非常に長く、長期間且つ広範囲にわたって大きな影響を与えます。だからこそ、初期の「デザイン」の段階から、人間や経済、社会、環境などへおよぼす影響を予測・評価することが重要です。そのために、環境工学だけでなく、経済学、社会学、心理学、地理学、情報科学、医学など分野の垣根を超えた学際的なアプローチで建築・都市のサステナブルデザインのあり方を模索しています。

SDGs

世界を変えるための17のゴール

持続可能な開発目標(SDGs)とは、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継として位置づけられているもので、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中核をなす2030年までの開発目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され,地球上の誰一人取り残さない(leave no one behind)包摂的な社会の必要性を謳っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国にも適用されるユニバーサル(普遍的)なものです。その広範なゴールの達成のためには、国だけでなく、地方自治体や民間企業、教育研究機関、NGO/NPO、市民社会などの様々な関係者のパートナーシップが必要不可欠と言われています。既に国内外で多くの関係者がSDGs達成に向けた行動を開始しています。

プロジェクト紹介

持続可能な地域社会の実現に向けたビジョンの提示に関する研究(2015-)

“Think Globally, Act Locally”の考え方にならってグローバルな開発目標であるSDGsを地域に落とし込んで取り組む「SDGsのローカライズ」の動きが盛んになりつつあります。国内外の各地でSDGs達成に向けて取り組む関係者を支援することも目的にSDGsに関わる先駆的な取り組みや成功事例を登録・検索・共有することを可能とする『ローカルSDGsプラットフォーム』(https://local-sdgs.jp/)の開発を行っています。
建築産業におけるSDGsの主流化に関する研究(2018-)
 人口減少や少子高齢化が進む中、建築需要や産業全体の縮小が見込まれていますが、我々の日常生活を支える「総合生活産業」としての性格を有する建築産業は消滅することはないですし、誰かが支え続けなければなりません。そこで、建築産業にSDGsの理念を持ち込み、持続可能な産業構造へ変革させていくための方法論を研究しています。(参考書籍: 建築産業にとってのSDGs: 導入のためのガイドライン)
サステナブル建築の普及展開に関する研究(2013-)
 現代人はその生涯のうち約9割を建築の内部で過ごすと言われており、建築環境の良し悪しが建物利用者の健康性や快適性、生産性などに多くの影響を及ぼします。一方で多量の資源を消費し、地球環境に悪影響を与えがちです。そこで、健康・快適・生産性向上・省エネ・省資源・脱炭素等に資するサステナブル建築のあり方を模索すると共にその普及展開方法に関して研究しています。
教職員情報

川久保 俊(准教授)
法政大学デザイン工学部准教授。1985年生まれ。
慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科卒業、
慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻修了。
2013年に博士(工学)の学位を取得。
その後、法政大学デザイン工学部助教、専任講師を経て、
2017年より現職。専門は建築環境工学・都市環境工学。
環境工学の視点から未来のあるべき建築・都市像を探求中。
主な受賞歴:日本建築学会奨励賞、日本都市計画学会論文奨励賞、山田一宇賞等。
先生の学生時代
20世紀から21世紀に切り替わるタイミングで放送されたNHKの『世紀を越えて』というドキュメンタリー番組の内容を今でもふとした時に思い出します。当時私は中学生でしたが、経済、社会、環境にかかわる様々な課題が取り上げられ、子供ながらこのままでは地球と人類の未来は危ないのではないかと大きな危機感を持ちました。小学生の頃から将来は研究者になって世の中に役立つ研究に関わりたいという漠然とした夢は持っていましたが、その夢が明確になったのはこの番組を見たあたりからだったように思います。
大学進学後、将来の研究テーマをどうしようかと迷っていた時に恩師の村上周三先生、伊香賀俊治先生に出会い、両先生の指導の下で文字通り寝る間を惜しんで研究に打ち込みました。大きなビジョンを描くことや研究の新規性や将来性を重要視する村上先生と研究の実現可能性や社会への成果還元を重要視する伊香賀先生の両先生からは本当に多くのことを学ばせていただきました。もとより要領が悪く、なかなか研究成果が出ずに辛い時間が続くことも多かったですが、その分成果が出た時の喜びは大きかったですし、何ものにも代え難い貴重な経験を積ませていただきました。恩師から学んだことを今度は少しでも自分の指導する学生に伝えていければと思いながら日々の研究教育活動にあたっています。
先生からひと言
我々の研究室では『サステナブルデザイン』をテーマとして掲げています。先人の築き上げてきた経験や知恵、伝統などを受け継ぎながら現在に生きる我々の生活を豊かにすると共に子供や孫などの次のジェネレーションに良い形でバトンパスしていくこと。つまり、過去・現在・将来という時間軸や人と人のつながりを意識しながら自分に今何ができるかを考えることが大事だと思っています。私自身駆け出しの大学教員で自身の至らなさを日々痛感していますが、研究室の学生達と共に考えながら少しずつ前進していければと考えています。

関連記事一覧