• HOME
  • 【Present】読者プレゼント

プレゼント内容&関連記事

※申込は各プレゼントの『プレゼント申込はこちら』ボタンよりエントリー下さい。

①『住宅建築2019年12月号』を5名様にプレゼント

特集『住まい塾の家に住まう』

【概要】高橋修一氏が率いる「住まい塾」とは、建築家、職人・施工者、建主が、共感と信頼をベースに一体となった家づくり運動を展開する集団である。設立から37年、優に700棟を超える住宅に携わってきた。伝統を重んじながらも一般的な木造構法とはひと味違う住まい塾の建築は、先入観から脱出し、この時代の住宅のスタンダードスタイルをつくりだす。⇒詳しくはこちら

☆学生におすすめ☆
研究室からフィールドへ 第41回
加子母木匠塾
京都大学/京都工芸繊維大学/東洋大学/滋賀県立大学/京都造形芸術大学/名城大学/金沢工業大学/立命館大学

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:建築資料研究社

②『CONFORT 2019年12月号』を5名様にプレゼント

特集『インテリアには木を使いたい』

【概要】これまで重宝されてきたのは、節や割れ、黒ずみなどの欠点がなく、木目が端正で、質がそろう木材でした。その基本は引き継がれていますが、いま、注目が集まるのは、植物として育ってきた自然の風景が見えてくるようなひとつひとつに個性のある木材です。なにより木が近くにある空間は、人をほっとさせます。多種多様な木材の物語を知り、内装材や家具など、暮らしの中で使う。そのことが、森にとっても人々にとっても、求められています。⇒詳しくはこちら

☆学生におすすめ☆
先生と学生たちは、いまこんなことを考えている
第34回 ケンチク学ビバ
香川大学 創造工学部創造工学科
建築・都市環境コース 准教授 宮本慎宏

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:建築資料研究社

③『庭NIWA2019冬号』を5名様にプレゼント

庭園と住まいが調和する 邸宅の庭

【概要】邸宅。それは住宅の中でも規模、内容ともにすばらしいものを指す。そのような邸宅にふさわしい庭園とはどのようなものなのだろうか。現代建築、数寄屋造り、武家屋敷などさまざま邸宅を取材。そこには庭園と建築が調和した「庭屋一如」の思想が息づいている。現代にそのような住まいを実現した邸宅5件を紹介する。⇒詳しくはこちら

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:建築資料研究社

④『造景2019』を5名様にプレゼント

事例集 日本列島まちづくり
特集 巨大災害──ミクロから組み立てる事前と事後
特集 都市縮小とまちづくり

【概要】時代を先駆け、まちづくりと地域おこしのための総合専門誌「造景」が、17年と時を経て帰ってくる!巨大災害と復興、急速な人口減少など、都市や地域をめぐる諸問題は新たな局面を迎えている。そうした問題に深く関わる自治体やコンサル、研究者、建築家、市民などの、課題への対応事例を紹介する。⇒詳しくはこちら

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:建築資料研究社

⑤『トウキョウ建築コレクション2019 Official Book』を100名様にプレゼント

『波及』

【概要】建築が地域やその周りの環境にどのような影響を及ぼすかが重要視されています。そして、どんな効果を生むことができるか新たな視点や議論を通じて、建築が持つ波及力を考える場を目指し、「波及」をテーマに掲げた、13年目の2019年大会の模様を伝える公式記録集。軸となる「全国修士設計展」「全国修士論文展」そして「波及とは」をテーマにした特別対談を収録。⇒詳しくはこちら

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:建築資料研究社

⑥『卒業設計日本一決定戦 せんだいデザインリーグ2019 official book』を100名様にプレゼント

『原点回帰』

【概要】全国で建築を学ぶ学生の卒業設計作品を一堂に集め、公開審査によって日本一を決める「せんだいデザインリーグ日本一決定戦」。17回目を迎えた2019年大会は、原点回帰。21世紀の情報化社会にふさわしい公共建築であるせんだいメディアテークを舞台に、「公平性」「公開性」「求心性」をもって、予選審査・作品展示・公開審査の全てを行った。その模様を余すことなく伝える公式記録集がここに刊行!⇒詳しくはこちら

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:建築資料研究社