• 今月のプレゼント202009
  • HOME
  • 今月のプレゼント202009
今月のプレゼント
締切:2020年10月26日(月)受付分まで

提供:公益財団法人 竹中大工道具館

①本展図録を5名様にプレゼント

【イベント名】
【10/10-12/13 @兵庫】宮野鉄之助 -玉鋼を鍛えた鋸鍛冶-

【イベント概要】
兵庫県三木市の鋸鍛冶のこぎりかじ、二代目宮野鉄之助(1901~96)は玉鋼たまはがねを使って鋸を作ることができた数少ない鋸鍛冶の一人でした。玉鋼とは、日本古来のたたら製鉄で精錬された鋼です。江戸時代の鋼は全て玉鋼でしたが、輸入鋼材の普及にともない、明治以降は次第に使われなくなっていきました。しかし刀鍛冶の家系に生まれた鉄之助は、戦後も玉鋼を使った鋸を作り続けます。そこには刀匠の技術に裏打ちされた、鋼を自在にあやつる匠の技がありました。本企画展ではその技術と作品の数々とを紹介します。
詳細はこちら

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:公益財団法人 竹中大工道具館

提供:豊田市美術館

②本展鑑賞券を5組10名様にプレゼント

【イベント名】
【10/17-12/13 @愛知】豊田市美術館 開館25周年記念コレクション展VISION | DISTANCE いま見える景色

【イベント概要】
今年度、豊田市美術館では開館25周年を記念して「VISION」と題したコレクション展を通年で催しています。今期は「DISTANCE いま見える景色」を共通タイトルとして、2つのテーマで所蔵作品の展示を全館で行います。すべての展示室を使って、当館コレクションの魅力を再発見する企画です。
詳細はこちら

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:豊田市美術館

提供:(公社)日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部

③JIA関東甲信越機関誌 『Bulletin 2020年秋号』を5名様にプレゼント

特集:『拡がる建築家の職能・職域』

【概要】公益社団法人日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部による、会員向け機関紙。建築家に向けた今知っておきたい情報が満載の一冊。
⇒ プレゼント申込はこちら

提供:(公社)日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部

提供:株式会社 建築資料研究社

④『住宅建築2020年10月号』を5名様にプレゼント

特集『住まいのディテール』
ディテールの原点は、風雨から建築を守り、住まい手が使いやすいような工夫をすること、つまり技術だが、それを美しく見せることも、建築が使い手に長く愛され住まい続けられていくための、ある種の技術とも言えるだろう。また、詳細図は住まいを職人と共につくりあげていくための重要な伝達手段でもある。
住まいのどの部分をとくに重視するのか、どのような納まりか、意匠かなど、建築家によって捉え方や表現は多種多様で、ディテールには建築家の個性が現われる。特集では、吉田五十八やアントニン・レーモンドをはじめとする8組の建築家の住まいを、ディテールという視点から見つめ直す。
詳しくはこちら

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:株式会社 建築資料研究社

⑤『CONFORT2020年10月号』を5名様にプレゼント

特集『素材に帰ろう —日本の空間とものづくり』

【概要】 コンフォルトは今年、創刊30周年を迎えました。1990年は、バブル景気が終焉に近づき、冷戦期が終結した頃。それからこれまでの間、グローバル化、IT化が進み、少子高齢化が加速し、大規模な災害が起こり、自然環境が急速に変化してきました。いま、建築・インテリア界も大きな変革を迫られています。必要なのは、原点を探り、本当にたいせつな本質を見極めること。そこで私たちはあらためて、「素材に帰ろう」と提案します。自分たちを取り巻く空間を構成するものが、何でできているのか、どこからやってきたのか、どういう背景があるのか、どこで誰がつくっているのか、どんな加工がなされているのか。じつはこれは、コンフォルトの創刊以来のテーマでもあります。素材とものづくりを知ることは、よりしあわせで心地よい空間づくりに結びつくはずです。

30年間、ありがとうございます。
そして今後ともご愛読いただけますよう、よろしくお願いいたします。

記念対談①
中村義明(中村外二工務店代表)× 久住章(左官)
職人を育て、技術を継ぐために大切なこと

記念対談②
高橋源一郎(小説家)× 堀部安嗣(堀部安嗣建築設計事務所)
場所に残った匂いが入れる、記憶のスイッチ

記念対談③
小松義夫(写真家)× 原田真宏・原田麻魚(MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO)
人間が環境と共に生きる場所としての建築

詳しくはこちら

☆学生におすすめ☆
トイレで環境を考える?!
藝大生がつくった上野トイレミュージアムオープン
東京藝術大学 美術研究科建築専攻 中山英之研究室ほか

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:株式会社 建築資料研究社

⑥『造景2020』を5名様にプレゼント

特別企画 『都市・金沢のまちづくり』
事例集  『日本列島まちづくり』
特集   『リノベーションまちづくりの新潮流』ほか

【概要】特別企画として、金沢のまちづくりの歩みと現在、さらに今後の展望とを、この都市の持つ独特の風土・歴史・文化の文脈の中に位置づけ、深く包括的に紹介する。今後地域にとって不可欠な観光マネジメントのスタディケースとして、長門市と星野リゾートが協働した湯本温泉街の再生を取り上げ、その全貌を明らかにする。他に特集として、道路・公園等も含めてエリア全体をリノベーションしていく新潮流のまちづくりの手法と事例の解説など、3本を組む。また、全国各地のまちづくりの事例集として、地域性に根ざした多様な取り組みを多数紹介する。

詳しくはこちら

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:株式会社 建築資料研究社

⑦『庭NIWA2020秋号』を5名様にプレゼント

特集『歴史を繋ぐ・物語を紡ぐ ホテル・旅館の庭』

【概要】近年、インバウンド需要を受けて、ホテル・旅館・ゲストハウスなどの宿泊施設の建設ラッシュが続いている。それらの宿泊施設には、日本の伝統的な要素を盛り込んだり、伝統建築をリノベーション活用したりするケースも見受けられる。そこに展開されている庭園とはどのようなものなのだろうか。時代のニーズに合った、昨今話題のホテル・旅館の庭園の秀作を紹介する。

《緊急アンケート》コロナ禍に想う
粟野 隆、井上雅道、猪鼻一帆、上野周三、岡田憲久、荻野寿也、金綱重治、北谷知之、熊谷昌樹、坂本拓也、鈴木 誠、清水亮史、高田宏臣、高橋良仁、武部正俊、龍居竹之介、辰己耕造・辰己二朗、橋本善次郎、平井孝幸、古川乾提、溝口陽子、安諸定男、山口陽介、山田茂雄

詳しくはこちら

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:株式会社 建築資料研究社

⑧『せんだいデザインリーグ SDL:Re-2020』を100名様にプレゼント

【概要】会期直前になっての「卒業設計日本一決定戦」中止決定と、急遽、代替企画での開催決定。
「SDL(せんだいデザインリーグ)2020」から、「SDL:Re-2020」へ。―それでも、「日本一」は選ばれた。

2020年3月7-8日、2日間にわたる実験的な審査のプロセスを中心に、この前例のないプロジェクトの一部始終を明らかにする、詳細なドキュメント。
全242出展作品への講評を完全収録!

目次

仙台建築都市学生会議アドバイザリーボード 編
仙台建築都市学生会議 編
ジャンル 設計 > 設計競技 > SDL

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:株式会社 建築資料研究社

⑨『トウキョウ建築コレクション2020 Official Book』を10名様にプレゼント

【概要】令和の時代に変わり、東京オリンピックが開催される2020年(展覧会当時)は、日本における転換期とも言える。そんな年に、14年続いたトウキョウ建築コレクションのこれまでの集積を振り返り、回顧することを意味する『Re;collection』をテーマに掲げ、今後の建築とは、また日本とはどうあるべきなのか、を考える2020年大会の模様を伝える公式記録集。「全国修士設計展」「全国修士論文展」「特別講演」「企画展」を収録する。

目次

著者:トウキョウ建築コレクション2019実行委員会 編
ジャンル 設計 > 設計競技 > TKC

⇒ プレゼント申込はこちら

提供:株式会社 建築資料研究社