【6/24-9/12 @東京】アンサンブル・スタジオ展 Architecture of The Earth

アンサンブル・スタジオ展 Architecture of The Earth

お知らせ

会期変更のお知らせ
TOTOギャラリー・間は、「アンサンブル・スタジオ展 Architecture of The Earth」(会期2021年6月8日(火)~9月12日(日))につきまして、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う世界的なコンテナ不足とスエズ運河座礁による海上輸送の混乱の影響により、会期を2021年6月24日(木)~9月12日(日)に変更します。

事前予約制・来館時のお願い
TOTOギャラリー・間では新型コロナウイルス感染拡大防止に関する取り組みを行っております。 アンサンブル・スタジオ展、Bookshop TOTO共通で会期中(2021年6月24日~9月12日)は事前予約制を導入して開催します。

ご来館の際にはこちらをご参照ください。

概要

地球規模の視点と、自然と響きあうような力強い造形、独自の構法を軸に、建築の可能性を追求するアンサンブル・スタジオ。TOTOギャラリー・間では、スペインとアメリカを拠点に活動を続ける彼らの、日本で初めての個展を開催いたします。

アンサンブル・スタジオは、アントン・ガルシア゠アブリルとデボラ・メサが主宰する職能横断型チームとして、スペインのマドリードで2000年に設立されました。彼らは単に建物のデザインを行うだけでなく、実験を通して自らの手で考え、建設方法まで考案することにより、他に類を見ない革新的な建築を生み出してきました。

彼らの活動は近年、よりダイナミズムを増し、広大なスケールのプロジェクトも手がけるようになりました。2016年にはアメリカのモンタナ州にあるティペット・ライズ・アート・センターにおいて、屋外彫刻のような一連の作品「ランドスケープの構造体」を発表。約48㎢の広大な敷地に点在する、先史時代の遺跡を思わせるような構築物は、大地を型枠に利用しながらも、現代の技術をベースに、モックアップによる検証、コンピューターを使ったモデリングなど、複雑な構造計算と建設プロセスを経て完成しました。

こうした彼らの活動は、地球規模で建築を考える「Architecture of The Earth」というテーマに結実しています。本展覧会では、「地球」と「建築」の関係性の探究のなかから生まれたプロジェクトに焦点をあて、アンサンブル・スタジオ独自のリサーチ・設計・建設の過程を、模型や映像を通じて紹介します。

会期

2021年6月24日(木)~9月12日(日)
11:00-18:00

※休館:月曜・7月22日(木)、23日(金)・夏期休暇[8月9日(月)~16日(月)]
※状況により、会期や内容等を変更する場合がございます。
ご来館の際には、TOTOギャラリー・間ウェブサイトにて最新情報をご確認ください。

会場

TOTOギャラリー・間
(東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F) ⇒アクセス

TEL:03-3402-1010
URL:https://jp.toto.com/gallerma

入場料

無料

事前予約

新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、会期中は展覧会、 Bookshop TOTO共通で事前予約制を導入して開催します。

⇒ 事前予約はこちら

【事前予約制・来館時のお願い】
ご来館の際にはこちらをご参照ください。

主催

TOTOギャラリー・間

企画

TOTOギャラリー・間運営委員会
特別顧問:安藤忠雄 委員:千葉 学/塚本由晴/セン・クアン/田根 剛

特別後援

スペイン大使館

後援

一般社団法人 東京建築士会
一般社団法人 東京都建築士事務所協会
公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部
一般社団法人 日本建築学会関東支部

関連記事一覧