【5/22 締切@奈良】建築学生ワークショップ東大寺 2020

建築学生ワークショップ東大寺 2020

概要

全国の大学生たちが小さな建築を、東大寺周辺区域に8体実現。

2020年夏、古代より現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神聖な場所、東大寺周辺区域にて、小さな建築空間を実現する建築学生ワークショップを開催します。東大寺は、奈良時代には「六宗兼学」、平安時代を経て「八宗兼学」といわれた学問寺。わが国で伝えられてきた「学問の原初の聖地」です。さらには奈良時代以来の建築物を数多く伝えるとともに、平成元年、国内初の「プリツカー賞受賞式」が行われた建築の聖地でもあります。開催から約30年を経て、東大寺大仏殿にて開催いたします。

建築学生ワークショップとは

建築ワークショップとは、建築や環境デザイン等の分野を専攻する学生がキャンパスを離れ、国内外にて活躍中の建築家を中心とした講師陣の指導のもと、その場所における場所性に根づいた実作品をつくりあげることを目的としてきました。
日本における貴重でかけがえのない聖地における環境において、地元の建築士や施工者、大工や技師、職人の方々に古典的な工法を伝えていただきながら、日本を代表する建築エンジニアリング企業・日本を代表する組織設計事務所の方々や多くの施工会社の皆様、そして建築エンジニアリング企業の方たちによる技術者合宿指導により実制作を行い、地元・地域の多くの方たちによる協力のもと、原寸の空間体験ができる小さな建築物の実現と、一般者を招いた公開プレゼンテーションを行う等、これまでにない新たな試みを実施する『全国の大学生を中心とした合宿による地域滞在型の建築ワークショップ』です。

開催期間

2020年6月13日(土)~8月31日(月)
※下記スケジュールをご確認ください

■合宿期間(原寸制作)
2020年8月25日(火)~8月31日(月) 6泊7日
※8月30日(日)現地にて公開プレゼンテーション

開催場所

東大寺周辺区域(奈良県)

制作内容

“唯一無二の歴史的風土を守るために、あなたの提案を実現化してください”
原寸模型を地域産材(自然素材/木材、和紙、土、石など)の材料で制作

参加費用

実費 (宿泊費、保険代、図録・資料費、一部食費等 ¥35,000 事前徴収制)

※現地までの交通費は各自別途負担となります。
※開催地の有志の方々のご協力と、学生の参加費により運営をしています。

応募締切

2020年5月22日(金)23:59 [必着]

参加対象者

建築および都市、環境、デザイン、芸術など、これに類する分野を学ぶ学生および院生

参加人数

【参加学生】
定員:60名程度(大学院生8名+参加部生42名+運営サポーター10名)8グループを予定
ただし、定員を超えた場合は、主催者による選考をおこないます。予めご了承ください。

【運営サポーター】
定員:5~10名程度(参加・宿泊費無料 開催期間中)
開催期間中、合宿期間中の運営サポーターも募集いたします。(学部は問いません)

参加予定講評者

建築・美術両分野を代表する評論家をはじめ、第一線で活躍をされている建築家や世界の建築構造研究を担い教鞭を執られているストラクチャー・エンジニアによる講評。
また、近畿二府四県の大学で教鞭を執られ、日本を代表されるプロフェッサー・アーキテクトにご参加いただきます。

太田 伸之 (前クールジャパン機構 CEO)
小松 浩  (毎日新聞社 主筆)
建畠 晢  (美術評論家 │ 多摩美術大学 学長)
南條 史生 (美術評論家 │ 森美術館 館長)
蓑 豊   (美術評論家 │ 兵庫県立美術館 館長)
五十嵐太郎 (建築史家・建築評論家 │ 東北大学 教授)
倉方 俊輔 (建築史家 │ 大阪市立大学 准教授)
柴田 昌三 (造園家 │ 京都大学 教授)
腰原 幹雄 (構造家 │ 東京大学 教授)
櫻井 正幸 (旭ビルウォール 代表取締役社長)
佐藤 淳  (構造家 │ 東京大学 准教授)
陶器 浩一 (構造家 │ 滋賀県立大学 教授)
芦澤 竜一 (建築家 │ 滋賀県立大学 教授)
遠藤 秀平 (建築家 │ 神戸大学 教授)
竹原 義二 (建築家 │ 摂南大学 教授)
長田 直之 (建築家 │ 奈良女子大学 准教授)
平田 晃久 (建築家 │ 京都大学 教授)
平沼 孝啓 (建築家 │ 平沼孝啓建築研究所 主宰)
藤本 壮介 (建築家 │ 藤本壮介建築設計事務所 主宰)
安井 昇  (建築家 │ 桜設計集団 代表)
安原 幹  (建築家 │ 東京大学大学院 准教授)
山崎 亮   (コミュニティデザイナー │ 東北芸術工科大学 教授)
横山 俊祐 (建築家 │ 大阪市立大学 教授)
吉村 靖孝 (建築家 │ 早稲田大学 教授)

お申込み

■「建築学生ワークショップ東大寺 2020」参加
参加申込みフォームはこちら

■運営サポーター
参加申込みフォームはこちら

開催記念 説明会・講演会

ワークショップ参加募集の説明会と開催を記念して、活躍中の建築家・建築史家が自身の学生時代の体験を通して、現在の作品や取り組みにどう影響しているのかをレクチュアしていただきます。ワークショップへの参加を予定していない方でも、どうぞお気軽にご参加ください。

【東京会場】
■日時
2020年5月7日(木)18:30-20:00(18:00 開場)

■会場
東京大学(弥生キャンパス)農学部 弥生講堂アネックス
(東京都文京区弥生1-1-1) ⇒アクセス

■入場
無料

■定員
先着100名(要申込)

■基調講演
五十嵐太郎(建築史・批評家)

参加お申込みはこちら

 
【京都会場】
■日時
2020年5月14日(木)18:30-20:00(18:00 開場)

■会場
京都大学(吉田キャンパス)百周年時計台記念館 国際交流ホールⅢ
(京都市左京区吉田本町) ⇒アクセス

■入場
無料

■定員
先着100名(要申込)

■基調講演
倉方俊輔(建築史家)

参加お申込みはこちら

スケジュール

■東京会場 参加説明会・五十嵐太郎講演会
2020年5月7日(木)

■京都会場 参加説明会・倉方俊輔講演会
2020年5月14日(木)

■参加者募集締切(参加者決定)
2020年5月22日(金) 23:59 必着

※以下、全日程の参加が条件となります。
■現地説明会・調査
2020年6月13日(土)

■各班エスキース(東京会場・大阪会場)
2020年7月4日(土)午後予定

■提案作品講評会と実施制作打合せ
2020年7月18日(土)~7月19日(日)

■合宿にて原寸制作ファイナル
2020年8月25日(火)~8月31日(月)

■公開プレゼンテーション
2020年8月30日(日)

主催

特定非営利活動法人(NPO法人)アートアンドアーキテクトフェスタ

お問合せ

特定非営利活動法人(NPO法人)アートアンドアーキテクトフェスタ

E-mail:info@aaf.ac
URL:www.aaf.ac

関連記事一覧