• HOME
  • 記事
  • 聞きに行く
  • 【7/20@東京】『車から人へ、未来の道とは』第38回 MASセミナー|日本建築家協会 関東甲信越支部 港地域会

【7/20@東京】『車から人へ、未来の道とは』第38回 MASセミナー|日本建築家協会 関東甲信越支部 港地域会

第38回 車から人へ、未来の道とは

パリを筆頭に、「ウォーカブル・シティ」と呼ばれる徒歩15分圏内で生活に必要な基本サービスが受けられる街づくりに関心が集まってきている。そこでは散策の楽しみから移動手段が公共交通と徒歩に変わる傾向がある。その結果、バルセロナでは30年間の都市計画での取り組みの結果、車が減り道路面積70%を人に開放することができたのである。街路に緑あふれる空間と安全な場が存在する。現代社会に根付いた車社会がもたらす弊害は、気候変動をもたらし、人に対して運動不足による健康被害をもたらしているが、それを解決する街づくりがある。車社会から人中心の社会への転換を考える。「車から人へ、未来の道とは」をテーマとして、車社会で見落とされた問題に目を向けると、道はどうあるべきか、考えてみよう。(宮田多津夫)

MAS(Minato Architectural Seminar)とは
─ みんなで考える街と建築の未来 ─
MAS(Minato Architectural Seminar)は、港地域会の建築家による“どなたでも参加できる”開かれたセミナーです。
港地域会の建築家数名がパネリストとなり、街に対する思いや街を形成する要素としての建築の可能性について、複数の建築家がテーマに沿ってお話しいたします。

街づくりと建築の未来について、参加された人たちの暮らしや環境に対する問題意識と建築を結びつけ、皆で多様な視点で議論し考える交流の場を兼ねたセミナーとなっております。

『子どもの教育に取り組んでいて、未来について考える事がある』
『住んでいる街の文化や歴史に興味がある』
『コミュニティとなる場づくりをしている』
『地域の組み合いに参加していて、今後の取り組み方に悩みがある』
『自分の住んでいる街に愛着があるが、どう行動して良いか分からない』
『これからの社会、街について教養を高めていきたい』

という方には、是非参加してみていただきたいセミナーとなっております。

建築そのものに大きな興味が無くても、絵画などの美術や文化を楽しむように、新たな視点で建築という文化を知り、ご自身の知識・教養を高めていただけるキッカケになるではないでしょうか。

まずはお気軽に参加ください。

開催日

2024年7月20日(土) 
14:00〜16:00

懇親会

16:00〜17:30
参加費500円(未成年者は無料)。
ワイン・おつまみをご用意しております。
ぜひ、参加された皆様との懇談の時間をお楽しみください。

会場

東京都渋谷区神宮前2-3-18
日本建築家協会JIA館1F 建築家クラブ

※オンライン配信はございません。

参加対象者

一般/学生/会員

参加費

講演会の参加は無料です。

CPD

2単位

問合せ先

JIA 関東甲信越支部 港地域会
https://www.jia-minato.jp/

主催

日本建築家協会 関東甲信越支部 港地域会(代表 宮田多津夫)

JIA港地域会とは
JIA港地域会は、公益社団法人日本建築家協会に所属する港区の建築家の集まりです。
私達は、技術と職能を持つ専門家として日々活動しております。
現在、港区では街づくりにおいて、“住民の参加が大切”との意識が深まってきており、参加型の取り組みが増えてきています。
私たちは建築家として、住民参加型の街づくりを支援しております。

関連記事一覧