【10/22・10/23@オンライン】デジタルサミット「Vitra Summit(ヴィトラサミット)」

Vitra Summit 2020

2020年、世界的なパンデミックを経て、私たちの日常、そして空間に対する人々の認識は劇的に変化しました。各国の政府により、外出自粛が余儀なくされ、企業はリモートワークを推進しました。このような状況の中、自宅は、今や仕事や勉強をする場であり、家族とのリラックスした時間を過ごす場でもあり、暮らしのすべての中心として改めて見直されています。

ヴィトラは、人々を取り巻く環境そのものが、我々自身の思考や感情を形づくると考えます。オフィスや自宅などのインテリア空間の質は、企業文化や社員の意欲、そして健康面にも大きく結びついているといえます。私たちの働く場、生活する場の変化が求められている今こそ、これからの時代に何が大切なのかを考える絶好の機会です。

2020年10月22日(木)と23日(金)の両日、ヴィトラは、初となるデジタルサミット「Vitra Summit(ヴィトラサミット)」を開催します。働く環境や暮らしにおける空間の在り方、デザインにまつわるトークイベントやワークショップをオンラインにて実施、世界に向けて発信します。

未来に向けた「ネクストノーマル=これからの日常」に関心のある方、どなたでも無料でお申込みいただけます。企業や公共機関の従事者、経営者、建築家、インテリアデザイナー、ファシリティマネージャー、学生の皆様などのご参加をお待ちしています。

概要

oom、Skype、Teams。わずか数ヶ月間で、私たちは同僚や友人、家族と画面越しに会い、話すために多様なオンライン会議ツールを使いこなせるようになりました。しかし、この新しい会議のスタイルは、これまでと同じような満足感や期待する結果が得られたのか。オフィスはもはや必要ないのか、それともこのデジタル世界にも対応するオフィス環境に見直すべきなのか。Vitra Summit第一部では、これらの疑問について、インテリア建築家 セヴィル・ピーチ、心理療法士 エスター・ペレル、ビジネススクールINSEAD教授 ジャンピエロ・ペトリグリエリなどを迎えて議論します。

日時

Day 1
 2020年10月22日[木]

  ・ 人とオフィス関係性 16:30-20:00(日本時間)
  ・ インテリアデザインへの影響 21:00 – 24:00(日本時間)

Day 2
 2020年10月23日[金]

  ・ ダイナミックに使える空間 16:30 – 20:30(日本時間)
  ・ リモートの世界 20:30 – 24:30(日本時間)

会場

オンライン

費用

無料

申込

Vitra Summitは無料でどなたでもご参加いただけます。登録制で、メールアドレス等の個人情報の登録が完了すると、チケットプラットフォームへのリンクが記載された確認メールが届きます。そのメールにあるリンクにアクセスしてチケットを入手し、ご興味のあるセッションにサインアップしてください。チケットは15分以内にメールボックスに届きます。万が一、届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。皆様のご参加をお待ちしております。

⇒ ご登録はこちら

Day 1 – 10月22日(木) 人とオフィス関係性・インテリアデザインへの影響

The human and the office
– 人とオフィスの関係性

Vitra Summit – Day 1 – 10月22日(木) 日本時間16:30 – 21:00

Zoom、Skype、Teams。わずか数ヶ月間で、私たちは同僚や友人、家族と画面越しに会い、話すために多様なオンライン会議ツールを使いこなせるようになりました。しかし、この新しい会議のスタイルは、これまでと同じような満足感や期待する結果が得られたのか。オフィスはもはや必要ないのか、それともこのデジタル世界にも対応するオフィス環境に見直すべきなのか。Vitra Summit第一部では、これらの疑問について、インテリア建築家 セヴィル・ピーチ、心理療法士 エスター・ペレル、ビジネススクールINSEAD教授 ジャンピエロ・ペトリグリエリなどを迎えて議論します。

16:30 - 18:00
Will we miss the office if it disappears?
- オフィスの必要性とは?
▽開く▽
これまでのオフィスは終焉を迎えるのか?ウイズコロナの時代、従来のオフィス環境では、感染リスクがある上に、コストの負担がかかるため、多くの代替案が浮上しています。しかし、最大の疑問は残ったまま。オフィスはもう不要なのか、新しいオフィスのコンセプトや、新しい環境に合う製品を開発しオフィスを存続すべきか、オフィスがなくなってしまったら、職場での人間関係にはどのような影響を与えるのか、根本的に働き方が変わってしまうのか、また企業価値を生み出すコラボレーションやディスカッションをどのようにして行うことが最善なのか。ヴィトラデザインミュージアムのディレクター マテオ・クリースがモデレーターとなり、インテリア建築家セヴィル・ピーチ、心理療法士 エスター・ペレル、ビジネススクールINSEAD教授 ジャンピエロ・ペトリグリエリと議論します。

登壇者: Esther Perel, Gianpiero Petriglieri, Mateo Kries, Sevil Peach

18:00 - 19:00
Redesigning workplace interactions
- オフィスにおける新しい「インタラクション=相互作用」のデザイン
▽開く▽
パンデミックの影響が続く中、オフィスにおける「インタラクション=相互作用」の在り方について従来の働く環境を大きく見直す必要があります。2人の専門家が、世界のオフィスがどのように進化しているのか、そしてより良く、より生産的な職場にするために、どのような対策がとられているのかについての研究を発表します。デジタル化が進み、在宅勤務が当たり前になった今、オフィス環境はどのように現在の状況に適応していくべきか。このセッションでは、著作家でありGeorgetown Universityでコンピュータ・サイエンスの教授を務めるカル・ニューポートなどを迎え対談します。

登壇者: Avinash Rajagopal, Cal Newport, Jennifer Magnolfi Astill

19:00 - 20:00
Designing the Club Office
– 新オフィスコンセプト「クラブ オフィス」
▽開く▽
働く環境は、過去150年間で、個室や書斎にこもって働いていた時代から、仕事の内容に合わせてオフィス内で働く場所を選べる現代まで、大きく変化しました。そしてCOVID-19により、オフィスは更に劇的な変化を遂げようとしています。オフィスが果たす役割とは、物理的な距離をとらなければいけないこの時代に、会社への帰属意識やアイデンティティを伝えることのできるオフィスデザインとは。ヴィトラのCEOノラ・フェルバウム、CDO(チーフデザインオフィサー)であるクリスチャン・グロッセン・ラスムッセンなどが登壇し、ヴィトラの新しいオフィスコンセプト「クラブ オフィス」を紹介します。

登壇者: Christian Grosen Rasmussen, Nora Fehlbaum, Pirjo Kiefer, Tim Reusch

20:00 - 21:00
Well-being rituals for the home and the office
– 心身ともに健康的な毎日を過ごすために
▽開く▽
心身の健康を維持するための毎日のルーティーンは、日々の仕事をスムーズに進めるために重要な役割を果たします。このセッションでは、ロンドンを拠点に活動するシェフのアスマ・カーンと国際的に活躍するヨガインストラクターのステフ・キューザックが、インスピレーションと実践的なアドバイスをお届けします。アスマと彼女のレストラン「ダージリン エクスプレス」の女性スタッフは、シェフズテーブルの名声を得ています。彼女はデザイナーのイルゼ・クロフォードとともに、スタジオ内のキッチンでレシピを紹介しながら簡単なランチを作ります。一方、ナイキのスタッフ育成も行っているステフは、心と体を目覚めさせるエクササイズを披露します。彼女によるストレッチとヨガセッションは、朝に行うことで身体や脳が目覚めていきます。

登壇者: Asma Khan, Steph Cusack

⇒ ご登録はこちら

Design matters
– インテリアデザインへの影響

Vitra Summit – Day 1 – 10月22日(木) 日本時間 21:00 – 24:00

COVID-19のような危機が過去に起こった際、インテリアにどのような影響を及ぼしたのか?インテリア素材の良し悪しはあるのか、正しい使い方とは?第二部では、Atelier Lumaのクリエイティブディレクター ヤン・ボーレンをモデレーターとして迎え、ヴィトラのチーフデザインオフィサー クリスチャン・グロッセン・ラスムッセンをはじめ、オフィスチェア「ルーキー」、多目的に使える「スツールツール」などの製品を手掛けたインダストリアルデザイナー コンスタンチン・グルチッチ、Faber Futuresの創設者 ナツァイ・オードリー・キエザ、建築史家でありPrinceton University教授のベアトリス・コロミナ、美術・デザイン評論家 カイル・チャイカなどが登壇します。

21:00 - 22:00
Material matters
- 素材への影響
▽開く▽
素材選びはデザインの核であるといっても過言ではありません。環境への意識が高まるにつれ、オブジェやインテリアをデザインする際に選ぶ素材の種類が変わってきています。デザインは責任ある生産、持続可能な消費=サステイナブルに貢献できるのか、また、これまでとは別の方法を開発、発展、生産、消費に取り組み、次世代の利益を守ることができるのか。このセッションでは、環境に優しい未来を形成する具体例をともに見ていきます。Atelier Lumaのクリエイティブディレクター ヤン・ボーレンをモデレーターとして迎え、ヴィトラのチーフデザインオフィサー クリスチャン・グロッセン・ラスムッセン、インダストリアルデザイナー コンスタンチン・グルチッチ、Faber Futuresの創設者ナツァイ・オードリー・キエザと議論します。

登壇者: Christian Grosen Rasmussen, Jan Boelen, Konstantin Grcic, Natsai Audrey Chieza

22:00 - 23:00
A history of the impact of crises on interiors
– 危機によるインテリアへの影響の歴史
▽開く▽
このセッションでは、過去にあった何らかの歴史的な危機によるインテリアへの影響について話します。人生を変えるような出来事が起きた際、インテリアデザインにどのような影響があったのか、その歴史を振り返ります。建築史家でありPrinceton University教授を務める ベアトリス・コロミナは、結核の流行が建築や空間にどのような影響を与え、モダン ムーブメントの源流となったのか、彼女の研究を発表します。ミニマリズムを専門とする美術・デザイン評論家 カイル・チャイカは、COVID-19の危機が建築にどのような影響を与えたのか、またこの分野の第一線で活躍する多くの人の意見を紹介します。

登壇者: Beatriz Colomina, Götz Rehn, Kyle Chayka

23:00 - 23:30
The cantilever chair: a historical review & world premiere of a new design by Jasper Morrison
– キャンチレバーチェア:歴史的な考察
▽開く▽
ヴィトラ名誉会長 ロルフ・フェルバウムとヴィトラデザインミュージアムのディレクターマテオ・クリースが、キャンチレバーチェアの歴史を振り返り、どのような可能性を秘めているかを語ります。

登壇者: Mateo Kries, Rolf Fehlbaum

23:30 - 24:00
Aesthetics after 2020?
– これからの美の概念とは?
▽開く▽
2020年における社会、環境の変化は、これまでの美意識を変えるのか。Vitra Summitの登壇者が、この質問に回答します。

⇒ ご登録はこちら

Day 2 – 10月23日(金) ダイナミックに使える空間・リモートの世界

Dynamic spaces
– ダイナミックに使える空間

Vitra Summit – Day 2 – 10月23日(金) 日本時間16:30 – 20:30

ここ数ヶ月間で、柔軟性があり、可変性のあるオフィス環境は、安全、衛生面での配慮や働き方の変化への適応が容易であることが実証されました。同時に、私たちの住まいにも多目的性が求められるようになりました。このセッションでは、LAを拠点とする建築事務所Johnston Markleeの創設パートナーであるシャロン・ジョンストン、世界的なシューズブランドOnの共同創業者 デビッド・アレマン、ヴィトラCEO ノラ・フェルバウム、Studioilseの創設者イルゼ・クロフォード、Design Miamiのキュレーションディレクター アリック・チェンなどを迎えます。

16:30 - 18:00
New dynamics in the home
– ダイナミックに使える、新しい住まい
▽開く▽
COVID-19によるパンデミックにより、長時間自宅で過ごすことを余儀なくされ、住環境に求めるものが激変し、再考する機会となったのではないでしょうか?このセッションでは、これまで以上に多くの人が自宅で仕事をするようになった今、多目的に使える住まいの必要性について議論します。これはホームオフィスが増えたことだけが理由ではなく、テクノロジーの進化や家族構成の変化も背景にあることも考慮すべきなのです。モデレーターとしてヴィトラデザインミュージアムのディレクター マテオ・クリース務め、Studioilseの創設者 イルゼ・クロフォード、Design Miamiのキュレーションディレクターである アリック・チェン、Googleのハードウェア部門の副社長 アイビー・ロスを迎え議論します。

登壇者: Aric Chen, Ilse Crawford, Ivy Ross, Mateo Kries

18:00 - 19:30
New dynamics in the office
- ダイナミックに使える、新しいオフィス
▽開く▽
2020年は、柔軟性、可変性のあるオフィスデザインの優位性が実証されました。即座にレイアウト変更できる、モジュール式のオフィス環境は、安全、衛生面に配慮したり、人数や働き方の変化にも容易に適応することができます。しかしながら、全てのワークスペースが多目的に使えるという状態は、無機質で、未完成な印象を与えます。企業にとってオフィスは本拠地であり、アイデンティティを表現する唯一の場です。これからのオフィスは、目まぐるしく変化する状況に機敏に対応できる柔軟性と併せて、会社への帰属意識を高め、自宅にいるような安心感や安全性を提供できるかが焦点となります。ヴィトラのCEOノラ・フェルバウムがモデレーターとなり、世界的なシューズブランドOnの共同創業者デビッド・アレマン、LAを拠点とする建築事務所Johnston Markleeの創設パートナー シャロン・ジョンストン、可動式パーテーション「ダンシング ウォール」を手掛けた建築家兼デザイナー ステファン・ヒュルレマンと議論します。

登壇者: David Allemann, Nora Fehlbaum, Sharon Johnston, Stephan Hürlemann

19:30 - 20:30
Well-being rituals for the home and the office
– 心身ともに健康的な毎日を過ごすために
▽開く▽
心身の健康を維持するための毎日のルーティーンは、日々の仕事をスムーズに進めるために重要な役割を果たします。このセッションでは、ロンドンを拠点に活動するシェフのアスマ・カーンと国際的に活躍するヨガインストラクターのステフ・キューザックが、インスピレーションと実践的なアドバイスをお届けします。アスマと彼女のレストラン「ダージリン エクスプレス」の女性スタッフは、シェフズテーブルの名声を得ています。彼女はデザイナーのイルゼ・クロフォードとともに、スタジオ内のキッチンでレシピを紹介しながら簡単なランチを作ります。一方、ナイキのスタッフ育成も行っているステフは、心と体を目覚めさせるエクササイズを披露します。彼女によるストレッチとヨガセッションは、朝に行うことで身体や脳が目覚めていきます。

登壇者: Asma Khan, Steph Cusack

⇒ ご登録はこちら

Remote world
– リモートの世界

Vitra Summit – Day 2 – 10月23日(金) 日本時間20:30 – 24:30

我々は過去数ヶ月に渡り、かつてないほど、自宅に多くの機能を求めました。自宅は安全な避難場所としてだけでなく、オフィスや学校、遊び場、ジム、レストランや映画館として機能しなければなりませんでした。そして今後も、少なくとも当面の間は、リモートワークが標準化し、自宅で過ごす時間が増えるでしょう。リモートワークの普及により郊外化は進むのでしょうか?この最終部では、ニューヨークを拠点に活動するキュレーター兼批評家ベアトリス・ガリレイ、Design Academy Eindhovenのクリエイティブディレクターであるジョセフ・グリマ、建築家であり都市計画家でもある ステファノ・ボエリなどを迎え、新しいワークライフバランスとリモートワークが都市、企業、住宅に与える影響について迫ります。

20:30 - 21:00
Successful video-conferencing. Tips from a mentalist.
– オンライン会議を成功させる、メンタリストからのアドバイス
▽開く▽
このセッションでは、メンタリスト レミ・ラルースが、カメラを付けたオンライン会議で見せる表情が何を意味するのかを説明し、デジタル上のコミュニケーションを成功させるための方法をアドバイスします。

登壇者: Rémi Larrousse

21:00 - 22:00
Remote at work
– リモートワーク
▽開く▽
過去20年間で、長距離通信は、高品質かつ安価、そして普遍的なものになり、オフィスが働く場として当たり前の場所であることについて疑問視されるようになってきました。さらに、今年のパンデミックの影響が長期化するにつれ、社員同士が近くに座って仕事をすることが懸念され、リモートワークが普及しました。しかしながら、自宅で仕事することによって、同僚、友人、家族など、いつでも誰とでもコミュニケーションすることができるメリットがある一方、デメリットも見えてきています。人間は社会的な生き物であり、人との直接のコミュニケーションを好みます。オフィスの終焉とリモートワーク黄金時代の到来から、私たちは何を得て、何を失うことになるのか。ヴィトラのCEOノラ・フェルバウム、ライター兼編集者である メイソン・カリーが登壇します。

登壇者: Mason Currey, Matt Mullenweg, Nora Fehlbaum

22:00 - 23:00
The home is the hub
- 拠点となる住まい
▽開く▽
世界中の都市計画家は、どのようにしてこの危機を乗り越え、新しい環境を構築するか奮闘しています。都市を新しい働き方、生活、交流の在り方に適応させる必要性は明らかですが、アフターコロナの未来像はまだ捉えどころのないままです。オフィスは本当に過去のものとなり、自宅がオフィスの役割も果たし、多機能で適応性のある拠点となるのか、リモートワークの普及は結果的に郊外化をもたらすのか、それとも都市が田舎のような場所に代わっていくのか。パリ市長のアンヌ・イダルゴが「15分で行ける街」計画を提案したように、都市生活が田舎暮らしのように感じられるようになるのか。このセッションでは、この公衆衛生上の緊急事態が、都市を良い方向に導き、新世代の都市計画家が何十年も待ち望んでいた機会となりえるか議論します。Design Academy Eindhovenのクリエイティブディレクターであるジョセフ・グリマをモデレーターとして迎え、The World Aroundのエグゼクティブディレクター ベアトリス・ガリレイ、建築家であり都市計画家でもあるステファノ・ボエリ、シカゴの計画開発局長官 モーリス・コックスが議論します。

登壇者: Beatrice Galilee, Joseph Grima, Maurice Cox, Stefano Boeri

23:00 - 24:00
再放送: Will we miss the office if it disappears?
- オフィスの必要性とは?
▽開く▽
これまでのオフィスは終焉を迎えるのか?ウイズコロナの時代、従来のオフィス環境では、感染リスクがある上に、コストの負担がかかるため、多くの代替案が浮上しています。しかし、最大の疑問は残ったまま。オフィスはもう不要なのか、新しいオフィスのコンセプトや、新しい環境に合う製品を開発しオフィスを存続すべきか、オフィスがなくなってしまったら、職場での人間関係にはどのような影響を与えるのか、根本的に働き方が変わってしまうのか、また企業価値を生み出すコラボレーションやディスカッションをどのようにして行うことが最善なのか。ヴィトラデザインミュージアムのディレクター マテオ・クリースがモデレーターとなり、インテリア建築家セヴィル・ピーチ、心理療法士 エスター・ペレル、ビジネススクールINSEAD教授 ジャンピエロ・ペトリグリエリと議論します。

登壇者: Esther Perel, Gianpiero Petriglieri, Mateo Kries, Sevil Peach

24:00 - 24:30
Where to work better?
- どこで働くのが良いのか?
▽開く▽
どこで働くのが良いのか?Vitra Summitの登壇者が、この質問に回答します。

⇒ ご登録はこちら

登壇者一覧
主催紹介

◆Vitra(ヴィトラ)
1950年創業のスイスの家具メーカー。世界的なデザイナーの創造性と自社の開発力によって製品とコンセプトを生み出し、そのデザインの力を通してホーム、オフィス、公共スペースの空間の質の向上に貢献。またヴィトラキャンパスにおける建築やヴィトラデザインミュージアムでの展示、ワークショップ、出版物でも知られる。
https://www.vitra.com/ja-jp/home

お問い合わせ
あわせて読みたい

【レポート】Vitraトークイベント 「DESK IS DEAD––時代と環境に適応するデザイン」エドワード・バーバー

エドワード・バーバー(建築家/インテリアデザイナー/プロダクトデザイナー)
登壇者のエドワード・バーバーは、スイスの家具メーカーであるヴィトラで数多くの製品をデザインしてきたデザインデュオ、エドワード・バーバー&ジェイ・オズガビーの1人だ。場内には彼らのデザインした数々の家具が置かれていた。揺るがぬ哲学のもと多彩な家具を実現….
⇒ 続きはこちら

関連記事一覧