【資格ガイド】2級建築施工管理技士〔国家資格〕

2級建築施工管理技士 [国家資格]

現場監督として建築工事を管理する
2級建築施工管理技士は、鉄筋工事や塗装工事などの建築工事の施工計画を作成したり、工事現場の工程管理や品質管理、周辺の安全管理などを行うために必要な資格です。2級建築施工管理技士は、建設業法で定められた一般建設業の許可を受けている建設業者の営業所や工事現場における、専任の技術者及び主任技術者となることが認められています。

資格取得のメリット

◎ 建築工事の技術上の管理をつかさどる技術者として
施工計画を作成し、工程管理、品質管理等の技術上の管理や工事の施工に従事する者の指導的監督立場で、工事現場をとりまとめる技術上の責任者です。建築工事において「最も必要とされる資格」の一つとなっています。

◎ 個人はもちろん、企業の技術力評価も高める
資格の取得により一人ひとりの評価を高めることはもちろん、企業としての評価を高め、企業全体の技術力評価にもつながる、「企業経営上」大変重要な資格です

◎ キャリアアップ、技術力の証として
あなた自身にとっても、資格の取得は「技術的評価」と「管理能力」を備えた人材としての証となり、昇進・キャリアアップにつながる条件の一つとなります。個人の技術力の証として、是非とも取得しておきたい資格です。

試験概要

※2021年度から試験内容が再編されました。▶施工管理技士 試験制度 改正まとめ

受験資格

•4年制大学の指定された課程を修め、1年以上の実務経験を有する者
•4年制大学を卒業し、1年6ヶ月以上の実務経験を有する者
8年以上の実務経験を有する者など

一次試験は17才以上であれば受験申込できます。この試験区分によって一次試験に合格した方は、所定の有効期間内に一次・二次試験の受検資格を満たすと(一次試験免除で)二次試験へ受験申込できます。

※受験資格に関する詳細は、一般財団法人 建設業振興基金にて必ずご確認下さい。
一般財団法人 建設業振興基金

試験形式

一次試験
建築学等・施工管理法・法規 4肢択一(マークシート方式)  ※施工管理法 一部4肢2択

二次試験
記述式

試験内容


年2回実施 (一次のみ 6月  一次・二次 11月)

一次試験
建築学・共通・施工・施工管理法・法規


二次試験
経験記述・施工管理法・法規・施工

実施概要

6月試験 ※一次試験 のみ

申込受付期間
令和3年1月29日(金) ~2月12日(金)
試験日
令和3年6月13日(日)
合格発表
令和3年7月6日(火)
受験料
 5400円
実施機関
一般財団法人 建設業振興基金
【試験のお問い合わせ先】試験研修本部/TEL:03-5473-1581

11月試験種別:建築・躯体・仕上げ)  ※一次・二次/一次のみ/二次のみ

申込受付期間
一次・二次 / 令和3年7月6日(火) ~7月20日(火)
試験日
一次 二次 / 令和3年11月14日(日)
合格発表
一次のみ / 令和4年1月21日(金)

一次 二次 / 令和4年1月28日(金)

受験料
一次 試験 5400円

一次二次 試験 10800円

二次 試験 5400円
実施機関
一般財団法人 建設業振興基金
【試験のお問い合わせ先】試験研修本部/TEL:03-5473-1581
試験データ
年度 種別 受験者数 合格者数 合格率
令和2年度 前期学科 中止
後期学科 12,159 4,363 35.9%
学科 20,309 7,003 34.5%
実地 23,116 6,514 28.2%
令和元年度 前期学科 8,341 2,781 33.3%
後期学科 9,334 2,358 25.3%
学科 19,384 6,725 34.7%
実地 22,663 6,134 27.1%
30年度 前期学科 5,993 2,377 39.7%
後期学科 8,587 1,771 20.6%
学科 28,888 7,495 25.9%
実地 24,131 6,084 25.2%
29年度 前期学科 2,935 1,247 42.5%
学科 30,262 11,725 38.7%
実地 26,506 7,665 28.9%
28年度 学科 31,466 16,331 51.9%
実地 26,816 10,437 38.9%
27年度 学科 27,592 13,385 48.5%
実地 23,913 7,822 32.7%

関連記事一覧