• HOME
  • 記事
  • 聞きに行く
  • 【2/17 @東京】住み続けられる都市をデザインする –SDGsとまちづくり– [SDGs日本モデル宣言を読み解くvol.4]

【2/17 @東京】住み続けられる都市をデザインする –SDGsとまちづくり– [SDGs日本モデル宣言を読み解くvol.4]

住み続けられる都市をデザインする –SDGsとまちづくり–
[SDGs日本モデル宣言を読み解くvol.4]

概要

シティラボ東京プログラム、人気企画「SDGs日本モデル宣言を読み解く」シリーズの第4回。
今回は、これまで議論してきたSDGsに関する理念や、断片的な暮らしの風景をつなぎ合わせて実空間へ反映させる建築家や都市デザイナーに焦点を当てます。デザイナーが、地球の文脈、地域の文脈、そこで暮らす一人ひとりの文脈をいかに捉えて、ポテンシャルを活かし課題を解決しているのか、建築空間や都市空間といった様々なスケールでお話を聞いていきたいと思います。

こんな人にオススメ!
・建築/都市デザイナー
・まちづくり活動に興味のある方
・市民活動との連携を考えたい企業
・持続可能性を都市政策に反映したい行政
・SDGsの具体的な戦略を考えたい方

日時

2020年2月17日(月)
19:00-21:30(懇親会30分含む)

場所

シティラボ東京
(東京都中央区京橋3丁目1-1 東京スクエアガーデン6階 京橋環境ステーション内)

⇒ アクセス

プログラムコーディネーター

川廷昌弘(シティラボ東京メンター)

登壇者

小林博人(建築家、慶應義塾大学大学院教授)

鈴木美央(O+Architecture(オープラスアーキテクチャー合同会社)代表社員)

参加費

一般:2,000円
シティラボ東京会員割引、学生:1,000円

※学生は学生証をお持ちください
※高校生以下は保護者同伴

定員

50名

シティラボ東京とは

シティラボ東京は、持続可能な 都市・社会づくりを行うためのオープン・イノベーション・プラットフォームです。
持続可能な都市づくりを目指す多様な主体の協働をつくりだすため、最新の取り組みや新たな知見、コミュニティとプロジェクト創出支援を行っています。

レポート

■第1回「SDGsと地域官民パートナーシップのつくり方」
⇒ 記事はこちら

■第2回「いま、Z世代・ミレニアル世代がSDGsに取り組む理由」
⇒ 記事はこちら

■第3回「経済成長は心の成長?真鶴町と豊島区から学ぶ、現代らしい自治体の姿とは」
⇒ 記事はこちら

主催

シティラボ東京

お問合せ

Peatixメッセージにてお問合わせください。
https://sdgsvo4.peatix.com/view

関連記事一覧