猪熊弦一郎展 猫たち

概要

猪熊弦一郎(1902-1993年)は、百花繚乱の昭和の画壇にあって試行錯誤を繰り返しながらも、常に独自の境地を維持し、極めて個性的な作品群を残した画家です。

「いちどに1ダースの猫を飼っていた」ほどの無類の猫好きとして知られ、私生活でも作品のモチーフとしても猫は重要な存在でした。勿論、猪熊弦一郎の芸術は猫だけにとどまるものではありません。

本展は彼が愛した猫たちを描いた作品をまずは堪能していただき、猪熊弦一郎の奥深い世界に触れるきっかけとなるよう企画された展覧会です。猪熊の地元・香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵の猫を描いた油彩、水彩、素描を中心に、猫以外の主題の作品も若干加えた百数十点によって構成されます。
 
詳しくはこちら
 
*無断転載禁止

会期

2018年3月20日(火)~4月18日(水)
10:00-18:00 (毎週金・土曜日は21:00まで)

※会期中無休/入館は各閉館の30分前まで

会場

Bunkamura ザ・ミュージアム
(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)

アクセス

入館料

一般:1300円(1100円)
大学・高校生:900円(700円)
中学・小学生:600円(400円)

※( )内は団体料金
※団体は20名様以上。電話でのご予約をお願いします。(Tel.03-3477-9413)
※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いします。(小学生は除く)
※障害者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください。

見どころ

①無類の猫好き画家が描いた数百匹の猫たちが大集合。

②猪熊弦一郎の奥深い世界に触れるきっかけとなる。

③香川県で2015年に開催された話題の展覧会がパワーアップして東京にやってくる。
 
詳しくはこちら

主催

Bunkamura

お問合せ

TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL: http://www.bunkamura.co.jp

プレゼント

招待チケットを10名様にプレゼント
 
応募はこちら

【Present】読者プレゼント

アンケートに答えて応募してね

下記ボタンよりアンケートにお答えいただいた方の中から、抽選でプレゼントします。

各プレゼント応募の締め切りはそれぞれ記載してあります。
抽選の結果は発送をもって代えさせていただきますのでご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事